コンクリート圧送技術調査委員会
報告書(CD)

CD-R・356ページ(2019年刊行)
定価 4,400円(税込)/会員価格 3,850円(税込)
送料 450円

申込先・申込方法はこちら

コンクリート工事において、コンクリートポンプ工法が主流となっていることは周知の事実です。コンクリートポンプ車の普及により、現場までの機動性に加え、コンクリートを多量かつ容易に打込み箇所まで圧送できるようになり、コンクリート工事の生産性向上に大きく寄与しました。その反面、コンクリートポンプによる圧送が当たり前となることで、専門工事業の一つである圧送業者任せになってしまうことも多くなり、建設現場における施工管理者のコンクリートポンプに対する理解や技術力が低下し、コンクリートポンプによる事故が多発する事態に陥っている面も否めません。

本学会では、コンクリートポンプ工法における圧送技術や安全性の啓蒙を図るため、2009年に「コンクリート圧送工法ガイドライン2009および解説」を刊行しましたが、刊行から年数も経過し、コンクリート圧送工法の新たな指針を制定するべく活動を続けています。「コンクリート圧送技術調査委員会(委員長:中田善久・日本大学教授)」では、2017〜2018年度に指針制定のための情報収集と検討として、圧送作業の安全性や、圧送計画を策定するうえで重要な圧送負荷の算定方法の検討を行い、土木分野と建築分野の圧送指針の相違点を調査しました。本報告書はその成果であり、現在作成中の新しい指針の基礎となります。本報告書が皆様の圧送工法への理解を深める一助となれば幸いです。

【目次】

1.はじめに
2.安全性検討WG(WG1)の活動報告
2.1 はじめに(活動概要)
2.2 圧送に関わる法令、規格、基準類
2.3 事故の調査・分析
2.4 輸送管の肉厚とその管理方法に関する実態調査
2.5 点検表および安全作業チェックリスト
2.6 まとめ
3.圧送計画検討WG(WG2)の活動報告
3.1 はじめに
3.2 圧送性評価の変遷
3.3 圧送計画における課題
3.4 高強度・高流動コンクリート
3.5 特別な考慮を要する配管条件の圧送性評価方法
3.6 暑中コンクリートの圧送
3.7 圧送負荷算定における管内圧力損失(K値)の推定方法の試案
3.8 まとめ
4.学協会のコンクリート圧送指針等の相違に関する調査
4.1 概要
4.2 「1章 総則」に関する記載事項の比較
4.3 「2章 コンクリートの材料および配(調)合」に関する記載事項の比較
4.4 「3章 施工計画」に関する事項の比較
4.5 「4章 圧送作業」に関する事項の比較
4.6 「5章 施工管理」に関する事項の比較
4.7 「6章 トラブル・事故の対応」に関する事項の比較
4.8 「7章 特殊な考慮を要する圧送」に関する項目の比較
4.9 まとめ
付録1.事故事例分析
付録2.代表的な事故事例
付録3.輸送管の摩耗状態の管理方法に関するアンケート調査票
付録4.圧送機器に関する各種団体の点検表
付録5.現場との事前チェックリスト(全圧連推奨書式)
付録6.コンクリート圧送作業に関するチェックリスト(委員会試案)

ページの先頭へ