第29回コンクリート工学講演会「年次論文奨励賞」の贈呈

社団法人 日本コンクリート工学協会
コンクリート工学年次大会2007(仙台)実行委員会
委員長 大塚浩司

本年7月11日〜13日に開催された「コンクリート工学年次大会2007(仙台)」における「第29回コンクリート工学講演会」では、663件の一般講演が行われ、活発な質疑応答が交わされるなど、盛況のうちに終了いたしました。
コンクリート工学年次論文査読委員会ならびに各セッションの座長からの評価報告に基づき、大会実行委員会において慎重に審議した結果、下記の68名の方々による発表が講演内容・方法ともに特に優秀と認められましたので、大会最終日の閉会式においてこれを称え記念品を贈るとともに、追って表彰状を郵送いたしました。
明年の福岡大会においても、多くの優れた発表がなされることを願っております。


 (注)無印は論文、◇印は報告。なお、40歳以上の講演者、代理講演者、および今までに2回以上受賞された方は対象外とした。 
1004エコセメントを用いたコンクリートの長期強度特性に及ぼす養生湿度の影響Kwangmin Park(三重大学)
1019研磨砕砂の簡易的な品質評価田畑美紀(山口大学)
1028普通ポルトランドセメントの耐硫酸塩性に及ぼす混和材の効果山下弘樹(太平洋セメント)
1035膨張材の粒度がコンクリートの膨張特性に与える影響栖原健太郎(群馬大学)
1039遅延剤を用いたコンクリートの凝結特性とその予測式内川陽平(清水建設)
1044メゾスケール解析による短繊維補強セメント系複合材料の力学特性の評価小倉大季(名古屋大学)
1047高靭性セメント複合材料を用いた低鉄筋はりの曲げ破壊性状Ahmed Kamal(名古屋大学)
1062少量の合成短繊維添加による打込み後の収縮抑制と凝結遅延高木亮一(横浜国立大学)
1065押出成形HPFRCCの引張性状と塩害照査の一例西松英明(倉敷紡績)
1081直接引張試験で測定したコンクリートの引張ヤング係数と引張強度青木優介(木更津工業高等専門学校)
1098超高強度コンクリートの若材齢線膨張係数に関する研究寺本篤史(名古屋大学)
1102拘束条件が高強度コンクリートの自己収縮特性に及ぼす影響早野博幸(太平洋セメント)
1114水セメント比および養生が異なるセメントペーストにおける水銀圧入過程の相違に関する研究吉田亮(東京大学)
1119熱伝達加熱方式によるコンクリートの高温特性の評価方法金圭庸(大韓民国 忠南大学校)
1147ひび割れを有する鉄筋コンクリートの化学的侵食に関する基礎的研究伊藤真利子(東北大学)
1151コンクリートの透水性が中性化の進行に及ぼす影響岸本嘉彦(北海道大学)
1156中性子ラジオグラフィによるコンクリートのひび割れ部における水分挙動の可視化および定量化に関する研究兼松学(東京理科大学)
1164圧縮応力下における短繊維補強コンクリートの塩分浸透と透水性迫井裕樹(八戸工業大学)
1170鉄筋腐食発生限界塩化物イオン量の定量評価に関する実験的検討石田健太(鹿児島大学)
1174シラスコンクリートを用いたRC部材の海洋環境下における耐久性佐藤裕考(鹿児島大学)
1188収縮低減剤がモルタルの乾燥収縮および凍結融解挙動に及ぼす影響西祐宜(フローリック)
1191各種セメントペーストの細孔構造と凍結性状に関する研究中江理(北海道大学)
1192温度及び塩化物イオン濃度勾配がセメント硬化体中水分の凍結挙動に及ぼす影響赤堀弥生(北海道大学)
1196安山岩骨材の岩石学的評価とASR膨張挙動の解析川端雄一郎(九州大学)
1201富山県の反応性骨材とASR劣化構造物の特徴大代武志(金沢大学)
1202石川県産骨材のアルカリシリカ反応性の評価に関する研究山戸博晃(金沢大学)
1210ASRによる劣化を生じたPC梁部材の耐荷力特性蓑田理希(安部日鋼工業)
1222腐食発生限界塩化物イオン濃度に及ぼすコンクリート配合の影響堀口賢一(大成建設)
1225腐食形態を考慮した腐食鉄筋の力学的特性に関する研究金螢来(東京大学)
2007試料の変形状態が回転粘度計の測定結果に及ぼす影響に関する基礎的実験三島直生(三重大学)
2012自己充填コンクリートの圧力損失発生機構とコンクリートのレオロジー特性に関する実験的検討丸岡正知(宇都宮大学)
2019載荷条件が超高強度コンクリートの圧縮クリープ特性に及ぼす影響松田拓(三井住友建設)
2032温度応力解析に依らないひび割れ指数の簡易算定手法に関する研究石田知子(大林組)
2040打込み時間に制約を受ける鉄道複合桁の高流動コンクリートの施工霞誠司(東日本旅客鉄道)
2043PCaコンクリート部材の施工におけるRFID技術の活用に関する検討松本慎也(広島大学)
2050再生骨材を用いたポーラスコンクリートの圧縮強度-空隙率関係に及ぼす締固め方法の影響黒田萌(竹本油脂)
2065再生細骨材の品質が細孔容積と強度の関係に及ぼす影響佐川康貴(九州大学)
2100ECCで上面増厚した鋼床版の水没下における挙動藤代勝(鹿島建設)
2109AE法を用いた分割練混ぜ工法による再生骨材コンクリートの品質評価細見素康(徳島大学)
2117型枠面での高周波静電容量測定によるコンクリート充填状態の判定に関する研究瀬古繁喜(竹中工務店)
2135膨張性超速硬増厚コンクリートの諸性質に関する研究番地成朋(日本大学)
2140実環境下におけるポリマーセメント系断面修復材の性能評価伊藤正憲(東急建設)
3004ファイバーモデルによる偏心RC造3層骨組の動的ねじれ挙動に関する解析的検討河村準(トータル・インフォメーション・サービス)
3018軸圧縮力を受けるRC造柱の最大耐力以降の拘束効果の評価阿部博之(新潟大学)
3033耐力低下とスリップ性状を考慮したRC梁部材の復元力特性モデル黒木光博(東京大学)
3079PC圧着関節工法におけるPC鋼棒およびPC鋼より線の付着特性に関する実験的研究今井孝(東京理科大学)
30843次元有限要素解析による接合部を有するRC部材のずれせん断挙動の評価野見山佳彦(東京工業大学)
3091超高強度コンクリートを用いたRC柱部材の曲げせん断実験杉本訓祥(大林組)
3106柱梁接合部内にスリープ継手を有する梁主筋の付着性状に関する実験的研究高津比呂人(竹中工務店)
3113Predicting the Shear Crack Location in RC Beams with Random Cracks Using the Crack Density ParameterIonut Ovidiu TOMA(東京工業大学)
3122移動荷重下の床版疲労寿命に影響を及ぼす各種要因の数値解析に基づく分析藤山知加子(東京大学)
3123Fatigue Behavior of RC Beams under fixed Pulsating and Moving LoadsEsayas GEBREYOUHANNES(東京大学)
3136剛体バネモデルによる接続および繰り返し荷重を受けるモルタルの時間依存破壊解析松本浩嗣(北海道大学)
3142Analytical study on influence of pile modeling on the response behavior of concrete structuresRabin TULADHAR(埼玉大学)
3143RC橋脚・杭基礎間に必要な耐力格差に関する確立論的考察松崎裕(東北大学)
3152ブレース補強による鉄道高架橋の列車走行性に関する研究吉田幸司(東海旅客鉄道)
3154段落しによって曲げ耐力分布を作用モーメントに一致させた柱部材の変形性能に関する研究米田大樹(前田建設工業)
3160実大振動実験による基礎入力逸散の検証壁谷澤寿一(東京大学)
3168曲げ損傷を受けたRC柱の部材特性に及ぼす補修方法の影響仁平達也(鉄道総合技術研究所)
3179波形鋼板をRC架構においてダンパーとして用いるための基礎的研究市岡有香子(京都大学)
3189付着割裂破壊を伴う低強度コンクリートRC柱の炭素繊維シートによる補強効果に関する実験的研究雨宮牧子(横浜国立大学)
3198CES外付耐震補強を施したRC柱の耐震性能芳賀亮祐(豊橋技術科学大学)
3218Seismic Behavior of Composite EWECS Exterior Beam-Column JointsKimreth MEAS(豊橋技術科学大学)
3230一軸圧縮を受けるコンクリート充填鋼管柱で生じる圧縮破壊の局所化佐々木健太(戸田建設)
3237鋼繊維とスターラップによりせん断補強されたRCはりのせん断耐力に関する研究木村利秀(東京工業大学)
3248ガラス繊維シートの片面貼付によるRCはりの曲げ補強効果小林憲治(九州大学)
3273石レンガ積み橋脚の耐震性に関する基礎的研究永尾拓洋(東海旅客鉄道)
3279内的塩害を受ける既設鉄道RC高架橋の初期塩化物イオン濃度のばらつきと劣化予測に関する調査・研究松橋宏治(鉄道総合技術研究所)

ページの先頭へ