第28回コンクリート工学講演会「年次論文奨励賞」の贈呈

社団法人 日本コンクリート工学協会
コンクリート工学年次大会2006(新潟)実行委員会
委員長 林静雄

本年7月11日〜13日に開催された「コンクリート工学年次大会2006(新潟)」における「第28回コンクリート工学講演会」では、633件の一般講演が行われ、活発な質疑応答が交わされるなど、盛況のうちに終了いたしました。
コンクリート工学年次論文査読委員会ならびに各セッションの座長からの評価報告に基づき、大会実行委員会において慎重に審議した結果、下記の69名の方々による発表が講演内容・方法ともに特に優秀と認められましたので、大会最終日の閉会式においてこれを称え記念品を贈るとともに、追って表彰状を郵送いたしました。
明年の仙台大会においても、多くの優れた発表がなされることを願っております。


 (注)無印は論文、・印は報告。なお、40歳以上の講演者、代理講演者、および今までに2回以上受賞された方は対象外とした。 
1004X線回折リートベルト法によるセメントペーストの水和反応解析星野清一(太平洋セメント)
1012フレッシュコンクリートの変形特性に及ぼす骨材の粒度構成の影響桜井邦昭(大林組)
1021高強度コンクリート用ハイブリッド混和剤の性質齊藤和秀(竹本油脂)
1032リートベルト法及び選択溶解法による高炉スラグの反応率測定佐川孝広(日鐵セメント)
1044Influence of Fly Ash Replacement Ratio on Compositions of C-S-H GelPipat TERMKHAJORNKIT(北海道大学)
1050HPFRCCの一軸引張試験による引張特性評価に関する研究柏木章宏(岐阜大学)
1056高靭性セメント複合材料に生じる引張ひずみとひび割れ幅の関係に関する実験的検討福田一郎(鹿島建設)
1065Non-Destructive Test of Heated Fiber Reinforced High Strength ConcreteSofren Leo SUHAENDI(北海道大学)
1075養生条件が膨張モルタルの圧縮強度と膨張特性に及ぼす影響合田寛基(九州工業大学)
1082乾燥収縮が拘束されたコンクリート一軸供試体の応力-有効ひずみ関係佐藤誠二(長岡技術科学大学)
1084低温環境下における収縮ひび割れ低減に有効なコンクリートに関する研究百瀬晴基(鹿島建設)
1097水蒸気吸着等温線による珪酸カルシウム水和物の細孔構造解析松下文明(住友金属鉱山シポレックス)
1114微細空隙構造と物質平衡・移動の強連成に立脚したセメント水和生成物の炭酸化反応モデル李春鶴(群馬大学)
1123高pH溶液中への二酸化炭素ガスの溶解速度に関する研究石田剛朗(広島大学)
1134コンクリートの膨張作用による鉄筋隅角部の変形挙動に関する解析的検討田中泰司(長岡技術科学大学)
1146モルタル中の固相塩化物の定量方法に関する検討宮原茂禎(大成建設)
1150ひび割れを含むコンクリート中の塩分移動に関する実験的検討岩波光保(港湾空港技術研究所)
1166鉄筋コンクリート部材のひび割れ部における腐食速度の解析長谷川裕介(カジマ・リノベイト)
1180コンクリートのフレッシュ性状が締固め完了エネルギーに与える影響梁俊(大成建設)
1181真空脱水処理工法に伴うフレッシュコンクリートの品質改善効果に関する実験的研究平川博也(中央大学)
1187高流動コンクリートの鉄筋間隙通過時における圧力損失メカニズムに関する研究渡辺有寿(宇都宮大学)
1197反発度法による高強度コンクリートの圧縮強度の推定に関する研究渡邉悟士(大成建設)
1200高強度コンクリートのポンプ圧送性に関する実験的研究神代泰道(大林組)
1218真空脱水処理された実大コンクリート床スラブの品質改善効果の把握坂本英輔(三重大学)
1235ポーラスコンクリートの配合設計法に関する研究梶尾聡(太平洋セメント)
1245再生細骨材を用いたモルタルの細孔構造および強度・中性化に関する研究石橋昌史(九州大学)
1247軽量骨材のアルカリシリカ反応性とその試験法に関する提案酒井賢太(金沢大学)
1255超臨界水処理によるアスファルト舗装用骨材のリサイクルに関する研究山本佳城(日本大学)
1266曲げ強度5N/mm2クラスの鉄鋼スラグ水和固化体の力学特性高橋良輔(港湾空港技術研究所)
1274コンクリート用表面被覆材の欠陥が物質遮蔽性能に及ぼす影響小倉孝道(長岡技術科学大学)
1287農業用コンクリート水路における断面修復材の耐摩耗性評価石神暁郎(農村工学研究所)
1296ポータブル型蛍光X線分析装置を用いたコンクリートの分析金田尚志(東京大学)
1308近赤外分光イメージングによるコンクリート中の塩分の定量化に関する提案石川幸宏(芝浦工業大学)
1325既設PC桁の構造劣化診断に関する検討恒国光義(東電設計)
1330磁歪センサーを用いたRC鉄道高架橋の鉄筋応力測定に関する検討曽我部正道(鉄道総合技術研究所)
1338塩害環境下の鉄筋コンクリートに対するばらつきを考慮に入れた劣化予測川島仁(東亜建設工業)
1346硫黄固化体の疲労特性に関する実験的研究市川武志(京都大学)
2006高速列車走行時におけるコンクリート桁の動的挙動に関する研究金田淳(東日本旅客鉄道)
2009三次元的な構造を有した地中RC構造物の終局挙動評価中村翔(名古屋大学)
2015柱梁接合部内主筋の付着すべり分布を考慮したRC骨組の履歴挙動解析齊藤隆典(北海道大学)
2031鉄筋コンクリート造柱の軸力支持限界と耐震診断基準値山崎和宏(横浜国立大学)
2037サブストラクチャ擬似動的実験手法を用いた12層RC架構1階側柱の2体同時加力実験寺本尚史(秋田県立大学)
2044曲げ破壊するRCはり部材の復旧性能評価に関する実験的研究伊藤睦(中部大学)
2046主筋がシングルに配筋されたRC梁部材の構造性能に関する実験的研究武藤剛(東京理科大学)
2049RC造内部梁・柱接合部への柱端からの鉛直方向力に関する研究田中信也(東電設計)
2060接合部回転角を含むRC造柱梁接合部部分架構の変形成分と応力およびその測定法楠原文雄(東京大学)
2069鉄筋コンクリート造実大6層壁フレーム構造の震動実験概要松森泰造(防災科学技術研究所)
2076RC造耐震壁の変形能力に及ぼす載荷速度の影響秋田知芳(豊橋技術科学大学)
2092アンボンドPC鋼材圧着工法と剥離性接合目地によるリユース架構に関する基礎研究巽英明(大阪大学)
2097プレキャストRC梁部材の接合面におけるせん断伝達機構に関する実験的研究西村大(東京理科大学)
2103高強度RC柱の圧縮破壊性状に及ぼす供試体断面寸法の影響阿部諭史(東北大学)
2114超高強度コンクリート(150MPa)に定着したあと施工アンカーの支持耐力に関する実験的研究酒井悟(新潟工科大学)
2121骨材回収型コンクリート構造部材の曲げ耐力に関する研究辻埜真人(東京大学)
2122鉄筋腐食したRC梁部材の残存曲げ耐力に及ぼすせん断補強筋の影響村上祐貴(中央大学)
2130せん断圧縮破壊するはりの局所ひずみ分布と積分型非局所構成則の適用松井義雄(名古屋大学)
2139爆発荷重を受ける鉄筋コンクリートはりの損傷および応答に関する実験的検討安藤智啓(防衛庁)
2150RC部材中の鉄筋の損傷状態に関する解析的研究和田映二(山梨大学)
2159座屈抑制エレメントを用いた鉄筋コンクリート橋脚の耐震性能松林卓(前田建設工業)
2167新潟県中越地震で被災を受けた橋梁の桁衝突解析宮薗雅裕(九州工業大学)
2182自己圧着ブレースで補強したRC造架構が全体曲げ崩壊型となる場合の耐震性能松田拓己(京都大学)
2191圧縮抵抗型ブレースを用いる既存RCピロティ架構の耐震補強における梁の支圧実験大川光雄(鹿児島大学)
2205既存RC建物における強度分布と各階耐震性能の関係丸橋奈々子(名古屋工業大学)
2213H型鉄骨を内蔵したCES柱の構造特性田口孝(矢作建設工業)
2227Seismic Behavior of Composite EWECS Columns with Varying Shear-Span RatiosFAUZAN(豊橋技術科学大学)
2235Shear Capacity of Ultra High Performance Fiber Reinforced Concrete BeamWithit PANSUK(北海道大学)
2242連続繊維シートによるせん断補強RCはりの耐荷性状に関する実験的検討子田康弘(日本大学)
2254曲げ損傷を受けたRC柱の補修後の部材特性に関する実験的研究仁平達也(鉄道総合技術研究所)
2264鉄筋コンクリート柱のひび割れ発生機構に基づくひび割れ量の予測キムキョンミン(東京大学)
2275Life Cycle Repairing Cost considering Uncertainties of Deterioration Prediction ModelPakawat SANCHAROEN(東京大学)

ページの先頭へ