土木学会 鋼構造シリーズ35
「道路橋床版の維持管理マニュアル2020」の概要
緒方辰男・久保圭吾・塩永亮介・東山浩士


概要:

土木学会鋼構造委員会では、鋼道路橋の床版について1997年より小委員会を設置し、継続的に調査研究している。2017年からの道路橋床版の点検診断の高度化と長寿命化技術に関する小委員会では、その研究成果の一つとして2020年10月に、「道路橋床版の維持管理マニュアル2020」を鋼構造シリーズ35として出版した。道路橋において最も劣化の激しい部材の一つである床版の維持管理に特化したマニュアルであり、その構成は、道路橋床版の損傷と劣化、点検・調査方法、劣化進行過程の評価、対策工法選定、維持管理事例である。マニュアルの概要とともに主な改訂内容としてマニュアルの活用方法と点検調査技術の活用について解説している。

キーワード:
道路橋、床版、維持管理、マニュアル、活用方法、点検調査技術、メンテナンスサイクル

ページの先頭へ