新阿蘇大橋における現場打ちコンクリートの施工
—災害復旧工事の生産性向上と品質確保—
長尾賢二・鵜林保彦・藤川真一・草野瑞季


概要:
新阿蘇大橋は、2016年4月に発生した熊本地震により被災した国道325号阿蘇大橋に代わり、旧橋の約600m下流に新設された全長525mの橋梁である。このうち、黒川を渡河する峡谷に計画されたPC3径間連続ラーメン箱桁橋は、最大橋脚高97.0m、中央支間長165mを有しており、本構造形式としては国内有数の規模となる。本稿では、架橋地点特有の厳しい地形・気象条件を克服し、標準工期に比べ約1年4カ月の工期短縮を実現した渡河部橋梁の上下部工事に関して、主に約26000m3に及ぶ現場打ちコンクリートの施工における生産性向上や品質確保に向けた取り組みについて報告する。
キーワード:
災害復旧、PCラーメン橋、高強度コンクリート、長距離配管、インクライン、生コン情報の電子化技術

ページの先頭へ