防水層にUFCを用いた
複合プレキャストPC床版の開発
塩畑英俊・平野勝彦・川西貴士・佐々木一成


概要:
床版取替工事では、通行規制期間をできる限り短くすること、予定した期間で完了させることが重要である。そのための一つの手段としてプレキャストコンクリートを採用し工程の短縮を図っている。しかしながら、工事の終盤で天候に左右されやすい床版防水工によって規制解除に影響を及ぼす場合もある。そこで、UFCの優れた遮水性能に着目し、UFCをあらかじめプレキャストPC床版の防水層に適用することによって天候に左右されない床版の開発を試みた。本稿では、防水層であるUFCに対して実施した性能確認試験により十分な防水性能を有していること、複合床版としてUFCとコンクリートの一体性が保たれること、水中養生によりマイクロクラックの発生が抑制できることについて報告する。
キーワード:
高速道路リニューアルプロジェクト、床版取替、UFC、防水層、UFC複合床版、スリムクリート

ページの先頭へ