中部支部 
「続・生コンセミナー(ハイブリッド形式)」
—参加募集—

開催日: 2022年2月10日(木)
申込締切: 2022年1月21日(金)

主催:日本コンクリート工学会 中部支部

コンクリート工学年次大会2021(名古屋)の生コンセミナーは、オンライン形式にも関わらず多くの方々にご参加いただき、実りのある行事となりました。しかし、その一方で、参加者とのディスカッションはなく、例年とは異なる生コンセミナーでもありました。そこで、中部支部では、参加者とのディスカッションに重点を置いた「続・生コンセミナー」の開催を企画いたしました。
「続・生コンセミナー」では、年次大会のテーマを深掘りし、より実践的な話題により「より良いコンクリートをより深く考える」セミナーをハイブリッド形式により開催いたします。基調講演や話題提供の内容を討論でより一層掘り下げ、共通認識を醸成するとともに、「より良いコンクリート構造物の施工」に繋がる具体が提案できればと考えています。生コン製造業者や建設関係者の方々をはじめ、関係者の皆様には、是非、ご参加いただきますようお願い申し上げます。また、中部支部以外の方々のご参加も歓迎いたしますので、ご参加いただきますよう併せてお願い申し上げます。

1. 開催日時: 2022年2月10日(木) 14:00〜17:30
2. 配信方式: 現地会場およびオンライン開催によるハイブリッド形式
(新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、オンライン形式のみの開催となります。)
3. 開催場所:
1)現地会場:
栄ガスビル 栄ガスホール
[名古屋市中区栄三丁目15-33(地下鉄栄駅サカエチカ6番出口徒歩5分、矢場町駅6番出口徒歩2分)]
2)オンライン:
Zoomによるオンライン
4. プログラム:
14:00〜14:10 開会挨拶および主旨説明
犬飼利嗣(岐阜工業高等専門学校)
14:10〜14:40 基調講演:
良いコンクリートの製造を考える
十河茂幸(近未来コンクリート研究会)
14:40〜15:20 話題提供:
1)NEXCO中日本が考える良いコンクリート構造物とは
上東泰(中日本高速道路(株))
2)施工者と生コン工場の認識の乖離を埋めるために
岩清水隆((株)竹中工務店)
3)新技術やツールの活用と三位一体での取り組み
桜井邦昭((株)大林組)
4)より良いコンクリート造りを目指して
吉兼亨(元 全国生コンクリート工業組合)
15:20〜15:35 休憩
15:35〜17:25 討論
17:25〜17:30 総括
犬飼利嗣(前掲)
※同日、講演会の前後に中部支部の調査研究事業報告会(13:30〜14:00)と支部活動報告会(16:00〜17:00)を行います。併せてのご参加をお待ちしております。
5. 定員: 現地会場100名、オンライン200名
6. 参加費: 現地およびオンラインとも無料
7. 申込方法: 中部支部のホームページからお申込みください。定員になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申込みください。
中部支部ホームページ:http://www.jci-net.or.jp/~branchi_chubu/
8. 申込締切: 2022年1月21日(金)

ページの先頭へ