3Dプリンティングによる
コンクリート構造物構築に関する
研究委員会報告会
(オンライン形式)
—参加募集—

開催日: 2021年11月29日(月)
申込締切: 2021年11月12日(金)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援: 土木学会、日本建築学会、セメント協会、日本材料学会、プレストレストコンクリート工学会、日本建設業連合会、建設コンサルタンツ協会、日本建築家協会、コンクリート用化学混和剤協会、日本3Dプリンティング産業技術協会、日本機械学会

建設分野への3Dプリンティングの適用については、生産性の向上や意匠の可能性を広げるものとして、近年国内外で盛んに研究や技術開発が進められています。一方で、新しい技術ということもあり、その各種動向についての網羅的な研究は緒に就いたばかりと言えます。
3Dプリンティングによるコンクリート構造物構築に関する研究委員会(委員長:石田哲也・東京大学)は、これらの建設用3Dプリンティング技術に着目し、国内における技術発展と実用化に向けた技術基盤を整備すること、また、次世代コンクリート技術として情報発信や動機付けを提供することを目的として2019年に設立しました。本研究委員会には、「他産業」「材料」「構造」の3つのワーキンググループ(WG)を設け、各WG活動を中心に、国内外の最新技術情報や活用事例の収集、要求性能や研究課題の明確化、各機関の3Dプリンタを用いた共通試験の実施、関連用語の統一に向けた検討、技術開発ロードマップの作成などに取り組んできました。
このたび、以上の活動成果を取りまとめた成果報告書が完成し、成果報告会をオンライン形式で開催する運びとなりました。本研究委員会では従来のコンクリート工学の枠にとらわれない新たな可能性を創造するため、外部有識者による講演会やワークショップを積極的に開催してきました。2021年3月に開催した「建設用3Dプリンティング技術最前線と将来展望に関するワークショップ」には約150名が参加し、幅広く情報共有と意見交換を行いましたが、これらを通じて得られた知見や情報についても最終成果に反映しております。
成果報告会の冒頭では、建築家で慶應義塾大学大学院教授も務められている池田靖史先生をお招きし、特別講演を企画しました。建設用3Dプリンティング技術の「今」と「これから」がわかる報告会となっておりますので、関係各位お誘いのうえ、ふるってご参加くださいますようお願いいたします。


1. 開催日時: 2021年11月29日(月) 13:30〜17:20
2. 配信方式: ライブ配信(Zoomウェビナー使用予定)
※翌日から1週間の録画の見逃し配信(オンデマンド)も用意します。
3. プログラム(予定):
13:30〜13:35 開会挨拶
13:35〜14:35 特別講演:慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科池田靖史教授((株)IKDS代表、建築家)
題目「デジタル・コンストラクションと建築デザイン」
—休憩(10分)—
【研究委員会報告】
14:45〜14:55 1章−3章「研究委員会および3Dプリンティング技術の概要など」
14:55〜15:15 4章「他産業における3Dプリンティングの活用と状況分析」(他産業WG)
15:15〜15:35 5章「セメント系プリント材料に関する文献調査と知見の整理」(材料WG)
15:35〜15:55 6章「構造設計に関する文献調査と概念検討」(構造WG)
15:55〜16:05 7章「技術開発ロードマップ」
—休憩(10分)—
16:15〜17:00 国内外の事例紹介
17:00〜17:15 全体質疑
17:15〜17:20 閉会挨拶
(内容および時間は、都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
4. 参加費: 消費税込み、配布資料含む。
正会員(個人) 5000円
名誉会員・終身会員・フェロー会員※1 2500円
団体会員※2・後援団体※3・4 6000円
会員外 7000円
学生会員※5 2500円
学生会員外※5 3500円
※1 JCIの名誉会員・終身会員・フェロー会員の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず会員証のコピーをご提出ください。
※2 本学会団体会員の役員・職員
※3 後援団体の個人会員および役員・職員
※4 セメント協会加盟会社の役員・社員および同協会の役員・職員
※5 学生の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず学生証のコピーをご提出ください。
5. 申込方法:
1) 参加申込は、以下のWebサイトからお願いいたします。
参加申込用URL:
https://www.activenet-tv.jp/jcicommittee/regist_3dp21/
参加費のお支払方法(銀行振込)の詳細は、参加申込完了後にメールでご案内いたします。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。ただし、不慮の災害・事故等により配信が中止になった場合には、資料代金相当額を控除した額をご返金いたします。配信中止時の控除額や、返金対象となる参加申込種別などの詳細は、本ページへ申込締切日までに掲載いたします。
2) 報告書と報告会参加用のURLとパスワードの発送は、配信開始日の1週間前頃を予定しております。
6. 申込締切: 2021年11月12日(金)24:00にてWeb受付を終了します。ただし、定員(180名)になった時点でも締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。なお、11月15日(月)までに参加費の支払いが完了していない場合には、参加申込は無効とさせていただきますので、ご注意ください。
7. 問合せ先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「3Dプリンティング報告会」係(担当:清宮)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:seimiya@jci-net.or.jp
8. CPDについて: オンライン形式による報告会がCPD単位の認定対象となっているか否かについては、本学会に受講証明書の発行依頼を行う前に、必ず申請先の団体にご確認をお願いいたします。受講証明書をご希望の場合は、申請先団体の書式へ必要事項を記入のうえ、84円切手を貼付した返信用封筒とともに上記の問合せ先へご郵送ください。受講証明印を捺印のうえ、ご返送いたします(郵送での対応のみとなります)。ただし、受講証明印の捺印は次の3つの条件を満たした場合に限ります。(1)参加登録した者であること、(2)報告会Webサイトにログインした記録があること、(3)報告会終了後1週間以内に簡易レポートが提出されていること。簡易レポートは100字以上とし、Wordファイルで作成ください。報告会Webサイトのお問合わせフォームに受講証明書希望者用ファイルアップロード欄がございますので、記載の手順に従い簡易レポートをアップロード願います。(1)(2)(3)を事務局にて確認した上で順次受講証明書を返送いたします。

ページの先頭へ