2017年1月号アンケート

JCIでは、「コンクリート工学」をよりいっそう充実させ、会員の皆様の要望に応えるために、以下に示すアンケート調査を実施しております。皆様のご協力をお願い致します。


Q1. JCIの会員か非会員かをお聞かせください。
Q2. 年齢をお聞かせください。
Q3. 職業をお聞かせください。
Q4. 今月号で興味深かった記事を選択してください。(複数可)
 1. [巻頭言] 2017年の新春を迎えて 丸山久一
  特集*コンクリート界の明日を担う研究者・技術者
  1. 土木材料分野の若手
 2. 1.1 コンクリートと共に生きる未来 武田字浦
 3. 1.2 塩害劣化橋梁の性能評価 田中泰司
 4. 1.3 Back to the future 川端雄一郎
 5. 1.4 コンクリート技術の伝承と普及 臼井達哉
 6. 総括 明るい未来へ 河合研至
  2. 土木構造分野の若手
 7. 2.1 10年経ってもひび割れをみる 中村拓郎
 8. 2.2 鉄道コンクリート構造物を通して 轟俊太朗
 9. 2.3 節目の年を迎えるにあたって思うこと〜地中構造物の耐震性能照査に携わって〜 島端嗣浩
10. 2.4 これまでに取り組んできたコンクリートに関わる研究開発、そしてこれから 小倉大季
11. 総括 研究者のABC 宇治公隆
12. コラム(1):JCI支部における若手の活動//関東支部若手会21の活動 千々和伸浩
  3. 建築材料分野の若手
13. 3.1 鉄筋コンクリートをめぐる人生の彷徨と今後の展望 福山智子
14. 3.2 研究者としての在り方 寺本篤史
15. 3.3 女性のコンクリート技術者として 小川亜希子
16. 3.4 総合建設業とコンクリート技術開発の近未来 酒井正樹
17. 総括 建築材料分野の若手の皆さんの意欲に接して 畑中重光
  4. 建築構造分野の若手
18. 4.1 コンクリートに携わった15年間で得たもの、そしてこれからの15年間への思い 秋田知芳
19. 4.2 真実に迫り、その本質を理解するために 松川和人
20. 4.3 五感で学ぶコンクリート 中村聡宏
21. 4.4 地震後まで考える鉄筋コンクリート構造 日向大樹
22. 総括 建築構造は若手研究者、若手技術者に任せなさい 甲斐芳郎
23. コラム(2):JCI支部における若手の活動//北海道支部若手会の活動レポート 大西直毅
  5. 複合的・挑戦的な分野の若手
24. 5.1 既存構造物の数値モデルはどのようにつくるか—V&Vへの取組みと展望— 西尾真由子
25. 5.2 ルナコンクリートの実現に向けて 畑中菜穂子
26. 5.3 コンクリートの不易流行 兵頭彦次
27. 総括 マドリングスルーの時代 鈴木澄江
Q5. 本号の全体的な満足度はいかがでしたか?

コメントがあればご入力下さい。
Q6. 本号の表紙の印象はいかがでしたか?

コメントがあればご入力下さい。
  

ページの先頭へ