コンクリート工学 Vol.55, No.5
平成29年5月号

目次


[巻頭言]
コンクリート構造と木質構造 坂田弘安

特集*グローバルな視点〜海外で活躍する人・展開する技術〜


はじめに
海外と日本の事情
編集WG
1. 海外での研究
1.1 ドイツ・フライベルク工科大学での博士研究
高橋恵輔
1.2 フンボルト財団の研究員制度を活用したドイツでの在外研究
尾上幸造
1.3 スイスにおけるUHPFRCを用いた構造物の補修・補強工法の研究・開発
牧田通
1.4 相手の視点に立つことの重要性—イリノイ大学での再生骨材コンクリートの研究を通して—
寺本篤史
1.5 アメリカ留学について
福山智子
1.6 インドネシアでの留学経験について
山下海斗
2. 海外工事の設計・施工
2.1 海外プロジェクトでのコンクリート事情—ベトナムでのODA社会基盤整備を担当して—
山地斉
2.2 鋼繊維補強コンクリート(SFRC)セグメントを活用したシンガポール地下鉄工事
荒木俊雄・岩崎俊
2.3 インドネシアにおけるコンクリート橋の移り変わり
別所雅史・田中直樹
2.4 ラオス国ナムニアップ1水力プロジェクトにおけるRCCの配合設計および施工事例
田渕貴久・村上嘉謙・朝川誠・青坂優志
2.5 タイ国における大規模床スラブの施工
閑田徹志・鳴滝康宏・百瀬晴基・石関浩輔
2.6 ベトナムの生コンクリート事情〜最近10年間の変遷
松井淳
3. 海外への技術貢献
3.1 開発途上国におけるインフラ開発支援の現状と課題
中村明
3.2 国際規格に適合したセメントの海外展開とコンクリートのローカライズ支援
多田克彦・三谷裕二・田中敏嗣
3.3 コンゴ民主共和国の交通インフラ分野における日本の協力
島田亜弥
3.4 開発途上国の橋梁事情と橋梁維持管理に係る技術移転
渡邉正俊・溝田祐造
3.5 中央アジアにおける道路行政専門家活動
田中拓也
3.6 ラオス最北端における小水力発電プロジェクト
玉川純・レーフォントゥン・白岩誠史・大矢通弘
4. 海外への技術展開
4.1 日本の技術を海外移転する場合の課題について
中島良光
4.2 インフラ技術での海外展開と世界に通用する人材の育成
松本正人
4.3 アジア地域における鉄道高架橋設計の事例紹介
松本信之
4.4 海外工事におけるRC柱の合理化施工法
金本清臣
5. 海外事情の調査
5.1 混和材を大量使用したコンクリートのアジア地域における有効活用のための実験的検討
土屋直子・小山智幸・清原千鶴・鹿毛忠継
5.2 アジアにおける混和材を大量使用したコンクリートの有効利用に向けた規格と施工事例の調査
中村英佑・檀康弘・渡辺博志・野口貴文
5.3 ミャンマー連邦共和国と日本の建設業における女性技術者の働き方に関する調査報告
濱慶子
5.4 床版加速度に基づく高速鉄道橋の性能評価
松岡弘大

ページの先頭へ