list_201910.html 公益社団法人 日本コンクリート工学会

高性能膨張コンクリートの性能評価と
ひび割れ制御システムに関する
研究委員会報告書・シンポジウム論文集

A4版・480ページ(2011年刊行)
定価4,400円(税込)/会員価格3,960円(税込)
送料790円

申込先・申込方法はこちら

「高性能膨張コンクリートの性能評価とひび割れ制御システムに関する研究委員会」(委員長:坂井悦郎・東京工業大学教授)では、膨張コンクリートの性能評価手法の確立やひび割れ制御システムの提案を目的に、3つのWGで活動を行いました。WG1(材料性能WG)では、配合、セメント種類、膨張材添加量、養生温度等の要因を考慮した体系的な実験結果に基づいて軽量鋼製モールドを用いた簡易な膨張率の試験方法を提案しました。WG2(ひび割れ抑制効果の評価方法WG)では、各種規準・指針への取込みを目的に、性能評価手法を体系的に整理し、新たな提案によるケーススタディを行いました。WG3(ひび割れ制御システム検討WG)では、山口県のひび割れ抑制対策を参考に、土木および建築分野でのひび割れ制御システムの現状の課題の整理と将来への提言を行いました。本報告書は、委員会報告書と論文集で構成されています。

【目次】
[委員会報告書]
第1編 膨張材および膨張コンクリートの材料性能と品質(材料性能WG)
第2編 ひび割れ抑制効果の評価方法(ひび割れ抑制効果の評価方法WG)
第3編 ひび割れ制御システム(ひび割れ制御システム検討WG)
[シンポジウム論文集]
全20編収録

ページの先頭へ