JCI-R1
海洋コンクリート構造物の防食指針(案) -改訂版-

A4判 166頁
定価5,332円(税込)/会員価格4,798円(税込)
送料460円

申込先・申込方法はこちら

"海洋コンクリート構造物の防食指針(案)"は1983年2月に刊行されて以来、我が国における重要な海洋コンクリート構造物の防食の基本方針を決める際の指導書の役割を果たしてきた。その後の7年間に各方面において活発に進められてきた海洋環境に建設されるコンクリート構造物の腐食・防食に関する調査研究の成果を取り入れ、最新の知見に基づいて改訂を行った。
今回の改訂で変更された重要な部分は、第2種防食に関してであるが、第1種防食法に関する箇所でも、土木・建築両学会の示方書や基準類の改訂に伴い、整合性をとるために手直しを行った。また、資料編についても上記を反映し、全面的な改訂を行い、一層の充実をはかった。

[目 次]
第1章 総則
1.1 適用範囲
1.2 用語の定義
第2章 防食の基本
2.1 防食の原則
2.2 防食の区分
2.3 防食の適用
第3章 第1種防食法
3.1 第1種防食法の基本
3.2 かぶり
3.3 ひびわれ
3.4 コンクリートの品質
3.4.1 基本
3.4.2 材料
3.4.3 水セメント比
3.4.4 単位セメント量
3.4.5 空気量
3.5 コンクリートの施工
3.5.1 施工の基本
3.5.2 材料の取扱い
3.5.3 鋼材の位置
3.5.4 打継目
3.5.5 プレキャストコンクリート
3.5.6 コンクリートの海上打設
3.5.7 品質管理および検査
第4章 第2種防食法
4.1 第2種防食法の基本
4.2 防食方法の選定
4.3 防食方法
4.3.1 エポキシ樹脂塗装鉄筋
4.3.2 電気防食
4.3.3 防食型わく
第5章 検査
5.1 検査の基本
5.2 検査の種類
5.3 検査方法
解説:コンクリート中の鋼材の腐食・防食の基礎
資料:11編

ページの先頭へ