JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2012年11月号

=====================================================================
公益社団法人 日本コンクリート工学会
メールニュース 2012年11月号
=====================================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
メールの配信停止・変更,登録は本メールの最後をご覧ください。

*コンテンツ*
−トピック−
【 1 】JCIホームページ更新状況(11月12日現在)
−募集案内−
【 2 】北海道支部 優秀学生賞への応募
【 3 】中国支部 講演会 −参加募集−
【 4 】中国支部 コンクリート構造物のひび割れ(事前対策から補修まで)に関する
          講習会 −参加募集−
−その他お知らせ−
【 5 】投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜
【 6 】その他の会告等
【 7 】コンクリート工学 2012年11月号のご紹介

【 8 】「コンクリート工学論文集」アーカイブの公開


−アンケート協力のお願い−
−編集後記−

−トピック−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】JCIホームページ更新状況(11月12日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去1ヶ月間の主な更新状況です。各支部については,主にTOPページの更新情
報に基づいています。

JCI本部・研究委員会 http://www.jci-net.or.jp/
[イベント情報・行事予定]
○「PC学会行事案内」へのリンク追加
○ 当学会が協賛している学術講演会、シンポジウム、講習会に「高炉スラグ
  細骨材を用いるコンクリートの調合設計・施工指針・同解説」改定講習会を追加
[支部関連事項]
○中国支部 コンクリート構造物のひび割れ(事前対策から補修まで)
  に関する講習会  ―参加募集―
○中国支部 講演会 ―参加募集―
[会誌「コンクリート工学」]
〇英文概要 2012年10月号を追加
○2012年6月号 アンケート結果
〇2012年11月号 アンケート
〇コンクリート工学平成24年11月号 目次と概要
[JCIメールニュースサービス]
○バックナンバーに2012年10月号を追加
[リンク集]
〇プレストレストコンクリート工学会
[JCIの紹介]
○第45回定時社員総会報告
[電子出版物]
○電子出版物

−募集案内−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】北海道支部 優秀学生賞への応募
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学会北海道支部優秀学生賞表彰規定に基づき,2012年度
北海道支部優秀学生賞を下記のとおり募集いたしますので,ふるってご応募ください。

 提出書類:応募用紙(様式1),推薦文(様式2),論文梗概 各1部
        提出書類の書式(Word形式)は北海道支部ホームページから
        ダウンロードできる。なお,提出書類は返却しない。
 提出期限:2013月2月8日(金) 必着
 提出先・問合せ先:〒060-8628 札幌市北区北13条西8丁目
             北海道大学大学院工学研究院
             北方圏環境政策工学部門 橋本勝文
             TEL/FAX:011-706-6204
             E-mail:hashimoto.k@eng.hokudai.ac.jp
 
 詳しくは下記のページを御覧ください。
 http://www.jci-h.org/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】中国支部 講演会 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学会中国支部では,近年,中国支部の大学に着任された
十河茂幸教授と丸田誠教授を講師に迎え,このたび,下記のとおり講演会を
開催いたします。皆様のふるってのご参加をお待ちしております。

 開催日時:2012年11月30日(金) 14:00〜16:30
 開催場所:広島工業大学広島校舎201教室(広島市中区中島町5-7)
 申込方法:参加申込書に必要事項を記入のうえ,メールかFAXにて下記申込先まで
        お申し込みください。なお,参加申込書は,以下の中国支部ホームページ
        (http://www.jci-net.or.jp/?branchi_chugoku/) からダウンロードできます。
 申込締切:2012年11月20日(火)  
 
 詳しくは次のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/branch/chugoku121130.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】中国支部 コンクリート構造物のひび割れ(事前対策から補修まで)に関する
   講習会 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コンクリート構造物の耐久性確保の観点から,特に構造物の初期品質の確保が
求められています。そのため,竣工後,コンクリートに発生するひび割れは,
構造物の品質を計る物差しとして評価されています。コンクリートのひび割れが
どの程度構造物の耐久性に影響を及ぼすのか,実は明確ではありません。
鉄筋コンクリート構造物の耐久性の確保という意味では,むしろ,表層(かぶり)
の品質が重要であると言われています。しかし,近年の研究で,ひび割れを抑制する
ことは表層品質をより良くすることに繋がっているといった報告もなされています。
山口県では,平成17年から実構造物を利用したひび割れ抑制対策技術の検証実験
を開始し,この結果に基づいてひび割れ抑制システムを構築することにより,最近の
コンクリート工事では,有害なひび割れを大幅に減少させ,また,コンクリート構造物
の表層品質も向上させたといった成果を得ています。
本講習会では,山口県のそうした取組みの近況を報告するとともに,ひび割れの補修
対策についても解説します。また,平成23年4月から,日本コンクリート工学会と日本
コンクリート工学会中国支部において研究を進めてきた「コンクリート工事記録の
データベースを活用した構造物の品質確保」をテーマとした研究委員会の近況に
ついても紹介致します。

 開催日時:2012年12月21日(金) 13:00〜17:00
 開催場所:鳥取県立県民文化会館 第一会議室(鳥取県鳥取市尚徳町101-5)
 申込方法:参加申込書に必要事項を記入のうえ,メールかFAXにて下記申込先まで
        お申し込みください。なお,参加申込書は,以下の中国支部ホームページ
        (http://www.jci-net.or.jp/?branchi_chugoku/) からダウンロードできます。
 申込締切:2012年12月12日(水)
 申込先:〒731-5143 広島県広島市佐伯区三宅2-1-1
      広島工業大学工学部建築工学科貞末研究室内
      日本コンクリート工学会 中国支部事務局
      TEL/FAX:082-921-6482(貞末和史)
      E-mail:jciccb@cc.it-hiroshima.ac.jp
 
 詳しくは次のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/branch/chugoku121221.html

−その他お知らせ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下の論文投稿・講演会等が締切・開催間近となっております。
皆様ふるって御応募,御参加をお願いします。

[行事開催]

■「アルカリシリカ反応をどこまで抑制すべきか」に 関するシンポジウム−参加募集−
 開催日時:2012年12月3日(月) 10:00〜16:40
 開催場所:品川区立総合区民会館「きゅりあん」小ホール
        (東京都品川区東大井5-18-1)
 申込締切:定員(約200名)になり次第,締め切らせていただきます。
        お早めにお申し込みください。
 詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20121203.html

■北海道支部「コンクリートのひび割れ調査,補修・補強指針」講習会−参加募集−
 開催日時:2012年11月22日(木) 13:00〜17:30
 開催場所:北海道大学学術交流会館第一会議室
        (北海道札幌市北区北8条西5丁目)
 申込締切:定員(130名)に達し次第,締め切りになりますので,
        お早めにお申し込みください。
 詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/hokkaido121122.html

■東北支部「東北地方におけるコンクリート構造物の劣化予測とLCC評価」
 に関する講習会 −参加募集−
 開催日時:開催場所により異なります。2012年10月23日(火)〜12月7日(金)
 開催場所:盛岡市、郡山市
       (仙台市,青森市,酒田市,秋田市での開催はすでに終了しております。)
 詳しくは下記のページを御覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/branch/tohoku121023-1207.html

■中部支部「東日本大震災とこれからのコンクリート技術」 −参加募集−
東日本大震災から1年半が経過し,この震災によるコンクリート構造物の被害状況が
明らかになってきています。現在,震災からの復旧・復興に向けた取組みも始まって
おりますが,今回の震災による被害の状況を考慮した対策が求められています。
我々コンクリートに携わる技術者は,東日本大震災によるコンクリート構造物の被害
の特徴を適切に把握するとともに,これからの対策に関する見識を深めることが必要
不可欠です。
本フォーラムでは,我が国のこれからの国土づくりについての見識を深めるとともに,
東日本大震災によるコンクリート構造物の被害の特徴やこれからの対策について,
建築・土木の両分野から理解を深めます。また,コンクリートによる放射性物質の
封じ込め技術の知見も広げます。
コンクリートに携わる多くの方々のご参加をお待ちしております。どうぞふるって
ご参加ください。
 開催日時:2012年11月30日(金) 13:00〜17:20
 開催場所:福井県繊協ビル8階ホール
        (〒910-0005 福井市大手3丁目7-1福井駅から徒歩5分)
 応募期限:2012年11月20日(火) 必着
 詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/chubu121130.html

■中国支部 コンクリートマイスター認定候補者の公 募
日本コンクリート工学会中国支部コンクリートマイスター認定規定に基づき,
2012年度のコンクリートマイスター認定候補者を下記のとおり募集いたしますので,
ふるってご応募ください。
 応募期限:2012年11月20日(火) 必着
 詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/chugoku121120.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】その他の会告等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前号迄に通知済の会告等です。該当号を参照いただくか,HPを御覧ください。

■2013年「日本コンクリート工学会賞」候補の募集
日本コンクリート工学会賞表彰規定に基づき,2013年「日本コンクリート工学会賞」
候補を下記のとおり募集いたします。賞は,「論文賞」,「技術賞」,「作品賞」および
「奨励賞」の4種類となっております。ふるってご応募ください。
 提出資料:(1)学会賞候補推薦書1部
        (2)論文賞,技術賞,奨励賞の場合:論文・報告等5部
        (3)作品賞の場合:写真・パンフレット等説明資料10部
 応募締切日:2013月1月10日(木) 消印有効
 提出先:公益社団法人 日本コンクリート工学会「学会賞」係(担当:佐藤)
      〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12F
  詳しくは下記のページを御覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/jci/award/invite2013.html  
 
■「コンクリート工学年次論文集」Vol.35 原稿募集
第35回「コンクリート工学講演会」が,明年7月9日(火)〜11日(木)の3日間,
コンクリート工学年次大会2013(名古屋)の主要行事として,名古屋国際会議場で
開催されます。
前回の広島大会では,和文論文・報告による発表529編に加えて,英文論文による
発表が29編ありました。今回も,「コンクリート工学年次論文集」に掲載された論文・
報告についての発表および活発な討議の場とすべく,多数の方々に鋭意ご参加
下さるようお願い申し上げます。
今回募集する「コンクリート工学年次論文集」Vol.35の原稿は,従来と同様,「論文」
「報告」の2通りとし,「コンクリート工学論文集」の論文審査に準ずる査読審査を
行います。また,英文論文・報告の投稿も受付けます。
投稿をご希望の方は,下記の原稿募集要領を熟読のうえ,ふるってご応募ください。
 申込方法:インターネット上のホームページでお申し込みください。
        それ以外の申込み方法は,一切受付いたしません。
 申込期間:2012年12月3日(月)〜2013年1月10日(木)17時締切
 詳しくは下記のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.jp/rally/2013/event/con_01.html
 
■コンクリートテクノプラザ2013参加募集
  −コンクリート工学年次大会2013(名古屋)−
本大会の主要行事の一つとして,「コンクリートテクノプラザ2013」を企画しています。
これは,1986年度から始まった「コンクリートフェア」をベースに新技術のアピールや
情報交換の場として,2002年度より導入された企画です。
「コンクリートテクノプラザ2013」では,「どまんなかコンクリート−どえりゃあテクノロジ
ー」をキャッチコピーとして,参加者の方々に,ブース形式による新技術内容の展示・
説明をして頂くほか,会場内に「技術紹介セッション」のコーナーを設け,コンクリート
の最先端技術を,映像その他の効果的な手法を用いて来場者にコンクリートの底力
を体感・実感して頂くことにしております。また今回は,“展示品”ならびに“技術紹介
セッション内容”などの情報を,スマートデバイスにて閲覧可能とする予定です。
テクノプラザの会場は,年次大会の講演発表会と同じ名古屋国際会議場です。
また,ご希望により年次大会ホームページ上に“展示品”ならびに“技術紹介
セッション内容”を年次大会終了まで,一定期間紹介することで,より多くの方々に
情報提供をいたします。
コンクリートの新材料・新技術・新工法などの技術紹介を募集いたしますので,下記
の募集要領をご覧のうえ,ふるってご応募ください。
 日程・会場:2013年7月9日(火)〜7月11日(木)
        名古屋国際会議場(名古屋市熱田区熱田西町1番1号)
 申込方法:所定の申込用紙により,FAX,メールまたは郵送にてお申込みください。
        申込用紙は,下記URLからダウンロードできます。
        http://www.jci-net.jp/rally/2013/index.html
 申込締切:2012年12月25日(火)  
 詳しくは次のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.jp/rally/2013/event/techno_01.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】コンクリート工学 2012年11月号の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月号は,「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」の
改訂に関する解説,再生骨材コンクリートの発電所基礎への適用,コンクリートの
補修・解体・再利用における二酸化炭素削減に関する2編のテクニカルレポート,
貴重な3件の工事記録,文献調査,講座,国際会議情報や委員会報告等,多岐に
わたる情報を幅広く紹介しています。

[巻頭言]
持続性科学
[解説]
「下水道コンクリート構造物の腐食抑制技術及び防食技術マニュアル」の改訂
[テクニカルレポート]
水力発電所水車基礎への再生骨材コンクリートの適用
コンクリート構造物の補修・解体・再利用におけるCO2削減を目指して
[随筆]
デジタル社会を考える
[工事記録]
東京駅丸の内駅舎保存・復原工事
中庸熱セメントを用いた高強度CFT充填コンクリート工事
 ─新宿六丁目N街区計画「イーストサイドスクエア」新築工事─
扁平柱を利用した免震事務所ビルの設計と施工
[文献調査]
乾燥収縮によるコンクリートスラブの反り上がり現象に関する研究事例
[さろん]
ブータン王国の橋
[講座]
表計算ソフトで解いて学ぶコンクリート工学の基礎 (2)コンクリートの各種物性発現
[海外だより]
英国シェフィールド大学での短期在外研究
[国際情報]
第4回コンクリートの付着に関する国際会議(Bond in Concrete 2012)の概要
1051CONCRACK 3 JCI-RILEM International Work-shop on Crack Control of Mass
 Concrete and Related Issues Concerning Early-Age of Concrete Structures報告
第1回日中コンクリートフォーラム「持続可能な基幹施設のための高性能コンクリート
 材料および構造」の開催報告
[委員会報告]
コンクリート構造物の長期性能評価─材料劣化の予測モデル─
 ......コンクリート構造物の長期性能

 目次など詳しくは次のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/201211/index.html
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】「コンクリート工学論文集」アーカイブの公開
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

JSTAGEにおいて,過去の「コンクリート工学論文集」を一部公開いたしました。
下記のHPをご覧ください。


https://www.jstage.jst.go.jp/browse/crt/-char/ja/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンケート協力のお願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会誌「コンクリート工学」に関するアンケート
JCIでは,会誌「コンクリート工学」をよりいっそう充実させ,皆様の要望に
応えるために,アンケート調査を実施しております。会員に限らず、非会員の
方でも今月号の「コンクリート工学」をご覧いただいた方におかれましては,
ぜひともご協力をお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
折からの登山ブームで,近年の富士山の登山者数は30万人内外だそうです。登山
シーズンは7-8月ですから,単純に割っても5千人くらいが毎日登っていることに
なります。ここ数年は私もその仲間入りをしています。登山口から山頂まで大した
距離ではありませんが時間がかかります。寒い,空気薄い,単調,ずっと登り,の
四重苦で,運動不足でメタボ気味かつ喫煙者の私は驚くほど痩せ,かつ,筋肉痛で
次の日は動けないほどです。ところが,学生と登ると,その体力に驚き,呆れてしま
います。走るようなペースで登り,表情も普段と変わらないのです。弱音を吐くのは
私だけ。コンクリート研究室を選ぶ学生のポテンシャルは侮れません。
                                           (担当:舌間)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/
ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
公益社団法人 日本コンクリート工学会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学会
電子情報化委員会が担当しています。
http://www.jci-net.or.jp/~denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭へ