JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2011年1月号

=====================================================================
(社)日本コンクリート工学協会
メールニュース 2011年1月号
======================================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
メールの配信停止・変更,登録は本メールの最後をご覧ください。

*コンテンツ*
−トピック−
【 1 】JCIホームページ更新状況(1月12日現在)
−募集案内−
【 2 】平成23年度研究委員会専門委員会「新規課題」の公募について
【 3 】耐久性力学に基づく収縮影響評価に関するワークショップ
    −論文募集および参加募集−
【 4 】「セメント系材料の自己癒着」に関するシンポジウム −論文募集−
【 5 】投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜  
【 6 】その他の会告等
【 7 】コンクリート工学 2011年1月号の紹介
−アンケート協力のお願い−
−編集後記−

−トピック−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】JCIホームページ更新状況(1月12日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去1ヶ月間の更新状況です。各支部については,TOPページの更新情報に基づ
いています。

JCI本部・研究委員会 http://www.jci-net.or.jp/
・[イベント情報・行事予定] に以下を追加
  ○「セメント系材料の自己治癒」に関するシンポジウム −論文募集−
・[JCIの紹介]に以下を追加
  ○日本コンクリート工学協会から日本コンクリート工学会へ
・[支部関連事項] に以下の3件を追加
  ○北海道支部 研究委員会の設置と研究課題の募集について
  ○北海道支部 優秀学生賞への応募
  ○関東支部 千葉地区見学会・技術懇談会総会 −総会−
・[コンクリート工学]に以下の4件を追加
  ○2010年9月号アンケート結果
  ○英文概要2010年10月号
  ○2011年1月号アンケート
  ○コンクリート工学 平成23年1月号 目次と概要
・[コンクリート診断士]に以下を追加
  ○2011年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内(PDFファイル)
・[コンクリート技師、コンクリート主任技師関係]に以下の3件を追加
  ○平成22年度コンクリート技師試験 合格者受験番号
  ○平成22年度コンクリート技士・主任技士試験択一式問題正解(PDF)
  ○コンクリート技士・コンクリート主任技士 登録者の皆様へ
・[リンク集]以下を更新
  ○The 3rd Asia-Pacific Confrence on FRP in Structuresにリンク

−募集案内−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】平成23年度研究委員会専門委員会「新規課題」の公募について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本会「研究委員会」では,専門委員会を新たに設置するにあたって「新規課題」
を募集します。

応募締切:2011年1月31日(月)
詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/jci/study/h23koubo.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】耐久性力学に基づく収縮影響評価に関するワークショップ
         −論文募集および参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学協会に平成22年度からの2年間で設置された「耐久性力
学に基づく収縮影響評価研究委員会(委員長:佐藤良一(広島大学))」では,
「セメント系材料の時間依存性挙動に関する研究委員会(JCI-TC061A)」の耐
久性力学WGで新たに提唱した耐久性力学による体系化手法に基づき,国内外の
研究論文,設計法を,材料と構造の連成問題として分析し,コンクリートの収
縮が構造物の構造・耐久性能に及ぼす影響を取りまとめ,今後の研究の方向性
の設定や設計法の再構築に資することを目的とした活動を行っております。
このたび,委員会活動の中間点として,収縮問題に関心をお持ちの技術者・研
究者の皆様方とともに,本問題の解決のための今後10年間の技術および学術体
系の在り方に関する議論をさせていただきたく,ワークショップを開催させて
いただくことといたしました。つきましては,本ワークショップのテーマに関
係する論文発表を広く募集いたしますので,既発表論文も含め,積極的なご応
募をお待ちしております。

論文申込締切:2011年1月26日(水)
詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20110330.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】「セメント系材料の自己癒着」に関するシンポジウム −論文募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本研究委員会では,標記のシンポジウムを開催し,委員会活動の成果を公開す
るとともに,本テーマについて関心のある方々と情報交換・議論する場を設け
ることになりました。つきましては,「セメント系材料の自己治癒」に関連す
る論文を広く皆様方より募集することとなりましたので,積極的な投稿をお待
ちしております。

講演申込締切:2011年3月4日(金)
詳しくは次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20110609.html

−その他お知らせ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
以下の論文投稿・講演会等が締切・開催間近となっております。
皆様ふるって御応募,御参加をお願いします。

[行事開催]
■ 耐久性力学に基づく収縮影響評価に関するワークショップ
  −論文および参加募集−
申込締切:2011年1月26日(水)必着
開催期日:2011年3月30日(水)
開催場所:東京大学弥生講堂一条ホール
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20110330.html
[公募]
■ 北海道支部 研究委員会の設置と研究課題の募集について
応募締切:2011年2月7日(月)
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/hokkaido110207.html
■ 北海道支部 優秀学生賞への応募
応募締切:2011年2月10日(木)
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/hokkaido110210.html
■ 東北支部 「東北支部賞」候補の募集
応募締切:2011年1月31日(月)
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/tohoku110131.html
■ 関東支部 千葉地区見学会・技術懇談会総会 −参加募集−
開催日:2011年3月2日(水)
申込締切:2011年3月19日(土)
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/kanto110302.html
■ 中国支部 収縮問題の現状と今後の課題に関する講習会
〜問題の本質はどこに? 安全性への知られざる影響〜 −参加募集−
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/chugoku110128.html
開催日:2011年1月28日(金)
申込締切:2011年1月21日(金)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】その他の会告等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前号迄に通知済の会告等です。該当号を参照いただくか,HPをご覧下さい。

■ 2011年度コンクリート診断士研修会について
http://www.jci-net.or.jp/j/exam/shindan/gif/info_2011.pdf
■ 2011年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内
http://www.jci-net.or.jp/j/exam/shindan/gif/sds_2011_v2.pdf
■コンクリート技士・主任技士登録者の皆様へ
http://www.jci-net.or.jp/j/exam/gishi/entry/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】コンクリート工学 2011年1月号の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今号は,次世代を支えるプロジェクトの特集号です。注目の大プロジェクトに
使用されている興味深いコンクリート技術が多数紹介されています。
以下に今月号の内容を抜粋します。

[巻頭言]
日本コンクリート工学協会から日本コンクリート工学会へ
[特 集]
1.総論
2.次世代を支えるプロジェクトに求められるもの
3.新東名高速道路(御殿場JTC〜引佐JTC)
4.新東名高速道路(引佐JTC)
5.スカイツリー
6.首都高速道路中央環状線
7.整備新幹線
8.羽田空港D滑走路
9.東京駅丸の内駅舎保存・復原

目次など詳しくは次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/201101/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アンケート協力のお願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
JCIでは,会誌「コンクリート工学」をよりいっそう充実させ,皆様の要望に
応えるために,アンケート調査を実施しております。会員に限らず,非会員の
方でも今月号の「コンクリート工学」をご覧いただいた方におかれましては,
ぜひともご協力をお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新年明けましておめでとうございます。史上稀に見る猛暑の次は,かなり寒い
冬が来たようです。私の住む群馬県南部でも,今年の冬は近年記憶にないほど
寒く感じます。ところで,私の研究室では,近年,卒業研究の開始が遅れる傾
向があります。就職活動との兼ね合いで仕方ない部分もあるのですが,学生た
ちは1/12現在も実験棟で健気に実験しています。暖房など効きません。朝は鉄
筋などを直に持つと凍傷になりそうです。使用したコンクリートミキサの洗浄
など想像したくもありません。私の学生時代もそうでしたが,やたらに寒い実
験環境と締め切り真近の卒研のプレッシャーが混じり,この季節のコンクリー
ト研究室は独特の雰囲気になります。これが指導教員への反感に換わらないこ
とを願っています。

                            (担当:舌間)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/

ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭へ