JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2008年9月号

======================================================================
 (社)日本コンクリート工学協会
    メールニュース              2008年9月号
======================================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
 メールの配信停止・変更,登録は本メールの最後をご覧ください。

+--------------------------------------------------------------------+
| いよいよ「コンクリート診断士試験」の合格者が発表されました。   |
| 詳細は下記リンクからどうぞ                    |
|    http://www.jci-net.or.jp/j/topics.html            |
+--------------------------------------------------------------------+

*コンテンツ*
−トピック−
【 1 】 JCIホームページ更新状況
【 2 】第 30 回コンクリート工学講演会 「年次論文奨励賞」 の贈呈
−募集案内−
【 3 】「マスコンクリートのひび割れ制御指針」 に関する講習会
【 4 】中国支部 「平成 20 年度 JCI 中国・四国支部共催コンクリート工学
セミナー in 広島
─コンクリートポンプ施工技術の現状と問題点─」
【 5 】九州支部 研究専門委員会成果報告会
「九州・沖縄における既存 RC 造学校校舎の耐震性能」
【 6 】第3回アジアコンクリート連盟(ACF)国際会議Exhibition出展募集
−その他のお知らせ−
【 7 】 投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜
【 8 】 その他の会告等
【 9 】 コンクリート工学 2008年9月号のご紹介
−編集後記−


−トピック−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】JCIホームページ更新状況(9月10日現在)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
過去1ヶ月間の更新状況です。各支部については,TOPページの更新情報に基
づいています。

JCI本部・研究委員会 http://www.jci-net.or.jp/
・2008年度「コンクリート診断士試験」合格者発表を追加。
・[自由研究]のコーナー、「四季の散歩道」を追加。
・[電子情報化委員会]のホームページを新設。

関東支部 http://www.jci-web.jp/branch_kanto/index.htm
・[支部行事]埼玉地区コンクリート技術懇談会の案内を掲載。
・[支部行事]新潟地区工事現場見学会の案内を掲載。

中国支部 http://www.cv.tottori-u.ac.jp/jci-chugoku/
・[支部行事] 中国・四国支部共催 コンクリート工学セミナー in 広島
        コンクリートポンプ施工技術の現状と問題点を掲載

四国支部 http://www.ce.kochi-ct.ac.jp/jci-shikoku/
・「フライアッシュの有効利用と混和コンクリート構造物の耐久性に関する講
習会」の実施状況の様子を掲載。
・「H20年度四国支部 現場見学会」のご案内を掲載

東北支部 http://www.jci-web.jp/branch_tohoku/
・[行事案内]2007年制定コンクリート標準示法書発刊に伴う講習会の案内を掲
載。
・[行事案内]コンクリート診断士の技術研鑽のための勉強会に関する案内を掲
載。

北海道支部 http://www.jci-h.org/
・[行事案内]「コンクリートの日 In Hokkaido」出前講座の案内を掲載。
・[行事案内]HITEST3周年記念セミナーの案内を掲載。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】第 30 回コンクリート工学講演会 「年次論文奨励賞」 の贈呈
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本年7月9日〜11日に開催された「コンクリート工学年次大会2008(福岡)」
における「第30回コンクリート工学講演会」では,621件の一般講演が行われ,
活発な質疑応答が交わされるなど,盛況のうちに終了いたしました。
 コンクリート工学年次論文査読委員会ならびに各セッションの座長からの評
価報告に基づき,大会実行委員会において慎重に審議した結果,69名の方々に
よる発表が講演内容・方法ともに特に優秀と認められましたので,大会最終日の
閉会式においてこれを称え記念品を贈るとともに,追って表彰状を郵送いたしま
した。
 受賞者名簿に関しましては、コンクリート工学9月号をご参照下さい。

−募集案内−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】「マスコンクリートのひび割れ制御指針」 に関する講習会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 マスコンクリートのひび割れ制御指針改訂委員会では,1986年に刊行した
「マスコンクリートのひび割れ制御指針」を改訂するために,平成18年4月か
ら2年間の委員会期間を設定し,活動を行って参りました。今般,改訂指針を
完成し,刊行するに至りましたことから,マスコンクリートの業務に携わって
おられる技術者を対象とし,講習会を開催いたします。
 皆様の講習会へのご参加を,お待ちしております。

開催日:
東京 2008 年 11 月 21 日 (金)
大阪 2008 年 12 月 12 日 (金)
福岡 2009 年 1 月 16 日 (金)
札幌 2009 年 2 月 13 日 (金)
申込締切:定員になり次第

 詳しくは会誌の会告または次のページをご覧ください。
 http://www.jci-net.or.jp/j/events/20081121-090213.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】中国支部 「平成 20 年度 JCI 中国・四国支部共催コンクリート工学
セミナー in 広島
─コンクリートポンプ施工技術の現状と問題点─」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本コンクリート工学セミナーは,中国支部と四国支部における大学の教員が,
一般会員や大学院の学生を対象に,それぞれの専門分野に関して,最新のコン
クリート工学の技術の現状をよりわかりやすく講演し,コンクリート関連の研
究・業務に役立てて頂く機会を提供することを目的としています。
ふるって参加くださいますようご案内申し上げます。

開 催 日:2008 年9月 17 日 (水)
申込締切:2008 年9月 12 日 (金)定員になり次第締め切らせて頂きます。

 詳しくは会誌の会告または次のページをご覧ください。
 http://www.cv.tottori-u.ac.jp/jci-chugoku/H200917.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】九州支部 研究専門委員会成果報告会
「九州・沖縄における既存 RC 造学校校舎の耐震性能」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本研究専門委員会はこれまでの調査研究成果の上に,さらに集積された耐震
診断データを用いて診断数が多い RC 造学校校舎に限定して,これらの耐震性
能を照査するとともに,特に地震地域係数との関係についても検討しました。
地震被害の軽減化を目指して,RC 造学校校舎の耐震診断データの分析,およ
び地震地域係数や地震危険度と現状の耐震性能との関係,そして耐震補強法に
関する最新の研究成果について本報告会を開催します。
ふるって参加くださいますようにご案内申し上げます。

開催日:福岡会場 2008 年 10 月 31 日 (金)
     沖縄会場 2008 年 11 月 8 日 (土)
     熊本会場 2008 年 11 月 17 日 (月)

開催場所および募集定員
福岡市・福岡リーセントホテル (200 名)
琉球大学工学部1号館 222 号講義室 (170 名)
熊本市・熊本県立劇場大会議室地階1階 (150 名)

 詳しくは会誌の会告をご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】第3回アジアコンクリート連盟(ACF)国際会議Exhibition出展募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 アジアコンクリート連盟(ACF:Asian Concrete Federation)では,
アジア地域のコンクリート技術の発展および情報交換をすることを目
的とし,2年に1回,国際会議を開催しています。次回の国際会議は,
本年11月にベトナムHoChiMinh Cityで開催されます。
 国際会議実行委員会では,会議会場において企画されています
Exhibitionブースへの出展募集をしております。多数の組織,企業
の方のご参加をお願いいたします。

 開催日:2008年11月11日(火),12日(水)
 開催場所:ベトナムHoChiMinh City Rex Hotel
      http://www.rexhotelvietnam.com/
 申込み締切:2008年10月10日

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.acf-org.com/wwwe/3ic.html


−その他お知らせ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】投稿締切・開催間近!〜論文・行事情報〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 以下の論文投稿・講演会等が締切・開催間近となっております。
 皆様ふるってご応募,ご参加をお願いたします。

[応募締切]
■ 関東支部 新潟地区見学会 「新潟県立野球場建設工事現場見学会」
開催日:2008 年9月 29 日 (月)
申込締切:2008 年9月 22 日 (月)

■ 第4回建設材料に関する国際会議(ConMat'09) 論文募集
 −投稿申込み−
 投稿申込締切:2008年9月15日
 最終原稿締切:2009年1月31日

■北海道支部「凍害と耐久性設計研究委員会」 活動報告会
 日時:2008年10月31日(金) 9:30〜17:00
 会場:土木研究所寒地土木研究所 講堂

■「コンクリート工学年次論文集」Vol.31
 −投稿申込み−
 申込期間:2008年12月上旬〜2009年1月15日(木)
 2008年10月号会告で詳細な原稿募集要項を公表します。

■「コンクリートへのオマージュ〜Un Hommaje pour Beton〜」
 投稿締切:2008年9月26日(金)17時必着
 2009年1月号企画


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】その他の会告等
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 前号で通知済の会告等です。前号を参照いただくか,HPをご覧下さい。
■「第 41 回コンクリート技術講習会─コンクリート技術の基礎知識─」
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20081002-1029.html

■第4回建設材料に関する国際会議(ConMat'09) 論文募集
 ―参加募集―
 http://www.jci-web.jp/conmat09/

■合理的なアルカリ骨材反応抑制対策と維持管理に対する提言に関する
 講習会(金沢会場) ―参加募集―
 http://www.jci-net.or.jp/sympo/20080905.html

■東北支部 「コンクリート構造物のひび割れ」に関する講習会
  講習会 ―参加募集―
 http://www.jci-web.jp/branch_tohoku/research/hibiware/home.htm

■関東支部 新潟地区見学会 「新潟県立野球場建設工事現場見学会」
http://www.jci-web.jp/branch_kanto/gyoji.htm#niigata

■近畿支部 研究委員会の設置と研究課題の公募について
  公募
http://www.jci-net.or.jp/j/branch/kinki081130.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 9 】コンクリート工学 2008年9月号の紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 今月号は特集号です。以下は今月号の内容の一部です。

特集*あの構造物は, 今…
1. 総 論
 1.1 記憶の中の構造物への想いと現在的意義
 1.2 高齢橋は老朽橋ではなく長寿橋である
 1.3 気になる RC 構造物
 1.4 コンクリート建築技術の近代化を目指した人たち─知られざる建築
技術者と彼らの残したもの─
2. 橋 梁
 2.1 別府明礬橋 温泉地帯に架けた RC アーチ橋─PRC 補剛桁と合成構造
メラン材を採用─
 2.2 第一大戸川橋梁
 2.3 鉄道における PC の発展について
 2.4 山陽新幹線高架橋の維持管理
 2.5 若戸大橋─我が国長大吊橋の原点─
 2.6 本州四国連絡橋コンクリート構造物の維持管理
 2.7 ゴールデンゲートブリッジ
3. トンネル
 3.1 関門国道トンネルの現況
 3.2 関門鉄道トンネル
 3.3 山陽新幹線トンネル覆工コンクリートの維持管理
4. ダ ム
 4.1 日本最古のコンクリートダム─布引五本松堰堤─
 4.2 黒部ダム
 4.3 佐久間ダム
 4.4 鳴子ダムの回想
 4.5 嘉南大について
5. 建 築
 5.1 国立代々木競技場─今も新鮮なデザイン─
 5.2 横浜三井物産ビル
 5.3 大学セミナーハウス・本館─巧まざるエイジング効果を醸す独特の
形姿─
6. 集合住宅
 6.1 鹿島建設椎名町アパート
─鉄筋コンクリート造超高層住宅のさきがけ─
 6.2 同潤会アパート
 6.3 星型住宅 スターハウス
7. 歴史的建築の保存
 7.1 東京駅丸の内駅舎の歴史と保存・復原計画
 7.2 国立西洋美術館本館
 7.3 世界平和記念聖堂
8. その他
 8.1 遺産としての小樽港北防波堤をいかに修復するか
 8.2 4 万 t クリンカーサイロ
 8.3 敦賀発電所1号機
 8.4 コンクリート船 「武智丸」
 8.5 大河津分水路

 目次など詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200809/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本号のメールニュースをもって、電子情報化委員会の委員を退任することと
なりました。思い返せば、JCI大会でははじめてとなる発表原稿の電子受付と
各会場への配信方法の考案と実施を2002年のつくば大会で仰せつかって以来、
電子情報化に微力ながらお手伝いさせて頂いてきました。今後もJCIの1会員
として、JCIの情報の電子化と、会員サービスの向上を考えていきたいと思い
ます。
                            (担当:楠)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/


ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[解説]
「中高層壁式ラーメンフラットビーム鉄筋コンクリート構造設計指針・同解説(案)」の概要
[テクニカルレポート]
1.回転式遠心破壊装置により製造した再生骨材を用いたコンクリートの品質と再生微粉
の混和材への適用性
2.コンクリート複合構造扁平梁構法の開発
[工事記録]
1.「(仮称)土橋川放水路トンネル」の耐震性評価および耐震補強について
2.部材接合方式が異なるPCaPC工法による物流倉庫の建設事例

 目次など詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/j/publish/bulletin/200808/index.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
電子情報化の波は、もはや避けては通れない状況です。その恩恵として、例
えばパソコンとネットワークさえあれば、既往の論文が簡単に検索できる世の
中になりました。しかし、その為には必要な情報量を遥かに凌ぐ量の情報が行
き来しているのだと思います。JCIの電子情報化は、ユーザーの要望と合致し
た形で、進化し続けていければと思います。
                            (担当:楠)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/


ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭へ