JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2007年2月号

================================================================
 (社)日本コンクリート工学協会
    メールニュース        2007年2月号
================================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
 メールの配信停止・変更,登録は本メールの最後をご覧ください。

−お知らせ−
メールニュースアンケート結果報告
 この度は,電子情報化委員会が実施したメールニュースに関するアン
ケートに多数のご協力いただき,厚く御礼申し上げます。今回のアンケ
ートでは,現状のメールニュースに対するご意見はもちろんのこと,本
会の活動に生かすべき貴重なご意見を数多くいただきました。これらの
ご意見を以下のページに取りまとめましたのでご覧ください。電子情報
化委員会は,メールニュースの発行はもちろんのこと,様々な活動の電
子化に努めて参ります。今後ともご協力よろしくお願いいたします。
http://www.jci-web.jp/denshi/enq01/enq01.html


−コンテンツ−

【 1 】国土交通省ホームページ:パブリックコメント
   −[新規]掲載のお知らせ−

【 2 】東京工業大学都市地震工学センターからのご案内
   「第4回都市地震工学国際会議」 −[新規]参加募集−
   開催日時:2007年3月5・6日

【 3 】「技術者向けよくわかるアセットマネジメント」ホームページ
   −掲載のお知らせ−
   (コンクリート構造物のアセットマネジメント研究委員会)

【 4 】コンクリート診断士登録者の皆様へのお知らせ
   −コンクリート診断士登録者の更新−
   −新登録証の交付−
   −コンクリート診断士の再登録−

【 5 】コンクリート技士・主任技士登録者の皆様へのお知らせ
   −コンクリート技士登録者の更新−
   −コンクリート主任技士登録者の更新−
   −コンクリート技士・同主任技士の再登録−
   −新登録証の交付−

【 6 】ホームページ「コンクリート広場」
   −技術に関するQ&Aをオープンしました−

【 7 】北海道支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
   応募締切:2007年2月16日

【 8 】関東支部:千葉地区講演会
   −参加募集−
   申込締切:2007年2月13日/開催日:2007年2月23日

【 9 】関東支部:栃木地区研究発表会
   −参加募集−
   開催日:2007年3月1日

【 10 】関東支部:埼玉地区講習会「コンクリートの微破壊および
   非破壊試験に関する講習会」 −参加募集−
   申込締切:2007年2月23日/開催日:2007年3月2日

【 11 】創立40周年記念出版物「日本のコンクリート100年」
   −正会員限定頒布のお知らせ−

【 12 】2007年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内

【 13 】コンクリート工学 2007年2月号 目次

 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】国土交通省ホームページ:パブリックコメント
   −[新規]掲載のお知らせ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 国土交通省ホームページのパブリックコメントに,「建築物の安全性
の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の施行に伴う関
係政令の整備等に関する政令案」および「建築基準法施行規則等の一部
を改正する省令案」に対する意見募集が掲載されました。

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.mlit.go.jp/pubcom/07/pubcomt9_.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】東京工業大学都市地震工学センターからのご案内
   「第4回都市地震工学国際会議」 −[新規]参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 東京工業大学都市地震工学センター(Center for Urban Earthquake
Engineering(CUEE))主催による第4回都市地震工学国際会議が開催さ
れます。地震動,地盤・基礎構造,上部構造の耐震,振動制御,地震防
災と人間行動,津波などに関するセッションを設けています。また,海
外・国内研究機関の研究者による招待講演,東京工業大学や他団体の研
究者による講演など多数からなる魅力あるプログラムを用意しておりま
す。都市地震工学に関心をお持ちの方々,ふるってご参加下さい。

 開催日時:2007年3月5日(月)・6日(火)
 開催場所:東京工業大学大岡山キャンパス西9号館
      多目的デジタルホール(東京都目黒区大岡山2-12-1)
http://www.titech.ac.jp/access-and-campusmap/j/o-okayamaO-j.html

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.cuee.titech.ac.jp/Japanese/Events/Data/event_070305.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】「技術者向けよくわかるアセットマネジメント」ホームページ
   −掲載のお知らせ−
   (コンクリート構造物のアセットマネジメント研究委員会)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 昨年12月15日に「コンクリート構造物のアセットマネジメント」に関
するシンポジウムを開催いたしました。多数の方にご来場いただき,
ありがとうございました。会場で標記のリーフレットを配布いたしまと
ころ,大変好評でしたので,この度,リーフレットをダウンロードでき
るように下記のホームページに掲載いたしました。ご利用ください。
http://www.jci-web.jp/asetto/pdf/manage.pdf

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-web.jp/asetto/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】コンクリート診断士登録者の皆様へのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.コンクリート診断士登録者の更新
 登録有効期限が2008年3月31日の方で,連絡先(勤務先または自宅
住所)が変更している方は,至急「診断士登録係」宛に変更内容を
ご連絡下さい。詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/qualifi_01/entry.html

2.新登録証の交付
 有効期限が2008年3月31日の登録者で所定の手続きを行い,コンクリ
ート診断士研修を受講済みの方には2008年3月末,同年4月から4年間有
効の新登録証をお送りいたします。

3.コンクリート診断士の再登録
 過去に登録申込時期を逸し,2008年4月から登録を希望される方は
2007年1月末日までに「診断士登録係」宛にお申込み下さい。
詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/qualifi_01/entry.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】コンクリート技士・主任技士登録者の皆様へのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.コンクリート技士登録者の更新
 登録有効期限が2008年3月31で昨年のコンクリート技士研修を受講
していない方,および登録有効期限が2009年3月31日の方には,本年
4月下旬に研修受講・登録更新の案内および申込関係用紙をお送り
いたしますので,所定の期間内にお申込下さい。
 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/exam/entry/index.html

2.コンクリート主任技士登録者の更新
 登録有効期限が2008年3月31日の方には本年10月下旬に登録更新の
案内および申込関係用紙をお送りする予定です。連絡先(勤務先また
は自宅住所)が変更している方は,至急「技士登録係」までお届け下
さい。詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/exam/entry/index.html

3.コンクリート技士・同主任技士の再登録
 過去に登録申込時期を逸し,未登録で再登録を希望される方は
  コンクリート技士:3月30日(金)
  コンクリート主任技士:9月28日(金)
までに再登録希望をご連絡下さい。研修受講・再登録の案内および申
込関係用紙(主任技士は再登録の案内および申込関係用紙)をお送り
いたします。詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/exam/entry/index.html

4.新登録証の交付
 有効期限が2007年3月31日の登録対象者で昨年または一昨年,コンク
リート技士研修を受講済みのコンクリート技士,および昨年11月に登録
更新手続き完了のコンクリート主任技士の方には,本年3月末に,4月か
ら4年間有効の新登録証をお送りいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】ホームページ「コンクリート広場」
   −技術に関するQ&Aをオープンしました−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会ホームページ「コンクリート広場」に「技術に関するQ&A」コー
ナーを新たにオープンしました。このコーナーでは,コンクリート技術
に関する質問とその回答がとりまとめられてあり,インターネットの検
索機能を利用することによって質問に応じた回答が簡単に得られるよう
になっています。

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/square/faq/index.html

※この他に,「コンクリート広場」では,会誌「コンクリート工学」を
 いっそう充実させ,会員の皆様の要望にこたえるものとするために,
 会誌の内容に関するアンケートも実施しております。会誌2月号の
 内容に関するアンケートに是非ともご協力下さい。
http://www.jci-net.or.jp/square/questionnaire/questionnaire-0702.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】北海道支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会北海道支部では,次年度の研究課題を募集いたしますので,
ふるってご応募下さい。

 応募締切:2007年2月16日(金)必着

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/branch/hokkaido070216.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】関東支部:千葉地区講演会
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会関東支部千葉地区では,巨大石造建造物の世界遺産に登録されて
いるアンコール遺跡群の崩落の現状とその対処方法について,長期間の
現地調査ならびに大学で実施した耐久性向上試験の成果をもとに講演を
行います。さらに,最近話題になっているコンクリートの単位水量の問
題をとりあげて,セメント製造側からみたコンクリートの品質保証にお
ける単位水量についての知見を講演していただく予定です。ふるってご
参加下さい。

 申込締切:2007年2月13日(火)
 開催日時:2007年2月23日(金)15:00〜19:30
 開催場所:千葉工業大学 工学部建築都市環境学科
     (千葉県習志野市津田沼2-17-1)
      JR総武線津田沼駅下車徒歩1分
      http://www.it-chiba.ac.jp/institute/access/index.html

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/branch/kanto070223.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 9 】関東支部:栃木地区研究発表会
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会関東支部栃木地区では,現在栃木地区で行われているコンクリー
トに関する研究発表および情報収集の場を会員に提供し,地区内におけ
る研究の活性化や技術の向上を図ることを目的として標記研究発表会を
企画いたしました。ふるってご参加下さい。

 開催日時:2007年3月1日(木)10:00〜17:00
 開催場所:栃木県総合文化センター 第2会議室(宇都宮市本町1-8)
      http://www.sobun-tochigi.jp/04/index.html

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/branch/kanto070301.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 10 】関東支部:埼玉地区講習会「コンクリートの微破壊および
   非破壊試験に関する講習会」 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 これまでコンクリートの微破壊試験および非破壊試験は,既存のコン
クリート構造物の建物診断を行う際に採用されてきましたが,最近では
施工管理(施工検査)にも採用されつつあります。
 国土交通省直轄の橋梁工事においては,2006年4月からコンクリート
のかぶり厚の検査に非破壊検査が全面導入されました。また,現在コン
クリート強度の検査についても,今年度から微・非破壊検査が試行され
ています。
 コンクリート強度の微・非破壊試験は,特殊な機器を使用するととも
に,試験結果の解析が難しいのが特徴です。そこで今回は,国土交通省
の基本方針,微・非破壊試験の概要に関する講義と,数種類の試験機に
よる実演を行う講習会を企画しました。
 鉄筋コンクリート構造物の性能に興味を持たれている方々のご参加を
お待ちしています。

 申込締切:2007年2月23日(金)
 開催日時:2007年3月2日(金)13:30〜17:00
 開催場所:ものつくり大学(行田市前谷333番地)
      JR高崎線吹上駅下車徒歩15分
      http://www.iot.ac.jp

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/branch/kanto070302.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 11 】創立40周年記念出版物「日本のコンクリート100年」
   −正会員限定頒布のお知らせ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本コンクリート工学協会創立40周年記念出版「日本のコンクリート
100年」は,日本におけるコンクリートの一世紀の歩みを写真と年表で
気軽に知ることができるようにまとめた写真集です。本書は,次世代を
担う若手技術者・研究者の育成に供する参考図書として,大学の図書館
を始め,関係学会・協会に寄贈していますが,より広く多くの会員にお
読みいただくため,本書を正会員の皆様に特別価格にて限定頒布いたし
ます。この機会に是非ご購入をご検討下さい。

 価格:税込本体価格1500円+送料500円(正会員限定特別価格)

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/books/guide_0048.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 12 】2007年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.コンクリート診断士講習会
 コンクリート診断士講習会は2007年4月3日(火)より4月27日(金)
まで全国12会場で実施いたします。時間割,内容についてはJCIホーム
ページに掲載しています。講師につきましては2007年3月に会誌の会告
および本会ホームページに掲載します。
 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/qualifi_01/sds_2007_guide_02.html

2.コンクリート診断士試験
 コンクリート診断士試験は,2007年7月22日(日)札幌,仙台,東京
,名古屋,大阪,広島(福山市),福岡,沖縄の8地区で実施いたしま
す。詳細は2007年5月に会誌の会告ならびに本会ホームページにてお知
らせします。詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/qualifi_01/sds_2007_guide_02.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 13 】コンクリート工学 2007年2月号 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[巻頭言]知識基盤社会におけるJCI(阪田憲次)

[解説]
・マスコンクリートのひび割れ解析手法の現状
 (石川雅美・石川靖晃・溝渕利明)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/01_J.html
・日本建築学会の収縮ひび割れ制御設計・施工指針(案)の特徴
 (三橋博三)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/02_J.html
・シラスコンクリートの特徴
 −鹿児島県制定マニュアルの内容を基にして−(武若耕司)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/03_J.html


[テクニカルレポート]
・PVA繊維による鉄筋コンクリート部材のひび割れ損傷防止技術
 (磯雅人・福山洋・小川敦久・郷雅紀)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/04_J.html
・高品質粗骨材選定技術による超高強度コンクリートの品質の安定化
 (渡邉悟士・寺内利恵子・小田切智明・阿部剛士)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/05_J.html

[随筆]
・鉄筋コンクリート構造が大学の設計教育を可能にした(奥俊信)

[工事記録]
・マレーシアのスンガイキンタダムにおけるRCCダムの施工
 (天明敏行・森田浩二・今野聡夫・菊地保旨)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/06_J.html
・超高強度コンクリートを適用したハイブリッド超高層住宅の
 計画と施工(市田幹郎・福ヶ迫道眞・西村浩之・黒岩秀介)
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/07_J.html

[文献調査]
・コンクリートのひび割れ抵抗性測定を目的とした疑似完全拘束試験
 に関する研究(文献調査委員会)(丸山一平)

[さろん]
・私の受けた学校教育(白山和久)

[海外だより]
・上海滞在記(岩永豊司)

[国際情報]
・第10回地山支保用の吹付けコンクリートに関する国際会議
 カナダ,ウィスラー,13-15 September,2006(大野俊夫)
・第1回ヨーロッパ地震工学・地震学に関する国際会議(1st ECEES)
 (岸本一蔵)

≪コンクリート技士のページ≫
 コンクリート用化学混和剤に携わって(北村学)
≪コンクリート診断士のページ≫
 蒸気養生されるセメントの気持ち,診断されるコンクリート製品の
 気持ち(小林忠司)
≪我が職場≫
 三京化成(株)東京支社(佐々木裕二)
≪読者コーナー≫
 コンクリートと「医療・健康管理」(柴藤勝也)

 詳しくは,次のページをご覧下さい。
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200702/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 早いもので2007年最初の1ヶ月が終わりました。そろそろインフルエ
ンザや花粉症が流行しだす季節です。先月末に発売され,ユーザーイン
ターフェイスやデザインで注目されているWindowsVistaも流行するので
しょうか?秋葉原などで行われた深夜販売はお祭り騒ぎでハプニング続
出だったと聞きますが,今後の動向が楽しみです。
 新しいモノをいち早く手にする喜びを味わいたい気持ちはありますが
OSとなると手が出しにくく,まだWindowsXPで辛抱しています。このメ
ールニュースでは最新情報をいち早く手にしていただきたいですが。
なお,流行モノには気をつけてください。(担当:八十島)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/


ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースへの記事掲載について
メールニュースに記事掲載のご希望がございましたら,下記にお問い
合わせ下さい。なお,記事の編集は本会電子情報化委員会が行ってお
り,記事の内容によりましては,ご希望に添えない場合がありますこ
とをあらかじめご了承下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ページの先頭へ