JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2005年11月号

==========================================================
 (社)日本コンクリート工学協会
    メールニュース        2005年11月号
==========================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
 メールの配信停止・変更,登録は本メールの最後をご覧ください。

−コンテンツ−

【 1 】「マスコンクリート温度応力・ひび割れ幅解析プログラム
   JCMAC」に関するセミナー
   −参加募集−
   開催日:2005年12月2日

【 2 】「骨材の品質と有効利用」に関するシンポジウム
   −参加募集−
   開催日:2005年12月9日

【 3 】「日本コンクリート工学協会賞」候補の募集
   締切日:2006年1月10日

【 4 】「コンクリート工学年次論文集」Vol.28原稿募集
   申込期間:2005年11月7日〜12月6日

【 5 】「コンクリートテクノプラザ2006−ドキドキわくわく
   コンクリートテクノロジー」
   −参加募集−
   申込締切:2005年12月26日

【 6 】Journal of Advanced Concrete Technology (ACT)
   −定期購読申込のご案内(一部変更のお知らせ)−

【 7 】関東支部:栃木地区講演会「建築物に関する最近の
   トラブルをめぐって」
   −参加募集−
   開催日:2005年12月6日

【 8 】中部支部:第2回学生研修会
   −参加募集−
   申込締切:2005年11月30日/開催日:2005年12月26・27日

【 9 】四国支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
   応募締切:2005年11月30日

【10 】九州支部「九州・沖縄地区における既存鉄筋コンクリート
   建物の劣化調査研究報告」
   −参加募集−
   申込締切:2005年11月17日/開催日:2005年11月24日

【11 】九州支部:ジョイントセミナー「光学的計測法の基礎と応用
   〜鋼・コンクリート構造物への応用〜」
   −参加募集−
   申込締切:2005年12月12日/開催日:2005年12月22日

【12 】2006年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内

【13 】コンクリート工学 2005年11月号 目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】「マスコンクリート温度応力・ひび割れ幅解析プログラムJCMAC
   Version Up版」に関するセミナー
   −JCMAC1,2を使用した解析事例紹介・意見交換および
    JCMAC3の開発状況報告−
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 マスコンクリートソフト作成委員会では,コンクリート構造物の初期
ひび割れ防止,あるいはひび割れ幅の抑制を目指して各種の計算ソフト
を鋭意開発してきております。
 今般,表面ひび割れ幅,ハイブリッドCP/FEM法を追加したJCMAC 2
(Version 2.2)の開発を終了し,一般にリリースできることになりまし
た。販売にあたって,マスコンクリート温度応力・ひび割れ幅解析プロ
グラムJCMACバージョンアップセミナーを開催致します。皆さまのご参
加をお待ちしています。

 開 催 日:2005年12月2日(金)13:30〜17:00
 開催場所:日本コンクリート工学協会11階会議室
      http://www.jci-net.or.jp/JCI/jpg/index.html

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/sympo/20051202.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】「骨材の品質と有効利用」に関するシンポジウム
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「骨材の品質と有効利用に関する研究委員会(委員長:國府勝郎・首都
大学東京教授)」を発足させ,2005年4月から2年間の活動を開始しまし
た。この委員会では,主として近年低品質化している天然骨材の有効利
用,そのための対策としての複数の骨材の混合使用などがコンクリート
の性能に及ぼす影響を明らかにし現行の規準類を見直すことを目標にし
ています。
 そのため,この研究委員会では,標記のシンポジウムを開催し,骨材
に係わる最近の研究成果を集め,議論を深めることにより,実用化の情
報を研究委員会活動に反映させることにしました。つきましては,「骨
材の製造技術」,「低品質骨材の利用技術」,「骨材の品質とコンクリ
ートの品質の関係」,「骨材微粉の有効利用」などに関する論文・報告
・資料などを発表し,議論の場を開催しますので,皆様の積極的なご参
加をお待ちしております。

 開 催 日:2005年12月9日(金)10:00〜17:00
 開催場所:日本コンクリート工学協会11階会議室
      http://www.jci-net.or.jp/JCI/jpg/index.html

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/sympo/20051209.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】「日本コンクリート工学協会賞」
   −募集案内−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本コンクリート工学協会賞表彰規定に基づき,2006年度「日本コン
クリート工学協会賞」候補を募集いたします。賞は,「論文賞」・「技
術賞」・「作品賞」および「奨励賞」の4種類となっております。ふるっ
てご応募下さい。

 応募締切:2006年1月10日(火)

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/award/collect_2006.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】「コンクリート工学年次論文集」Vol.28
   −原稿募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第28回「コンクリート工学講演会」が,2006年7月11日(火)〜13日
(木)の3日間,コンクリート工学年次大会2006(新潟)の主要行事とし
て,朱鷺メッセで開催されます。
 前回の名古屋大会では,和文論文・報告による発表570編に加えて,
英文論文による発表が20編ありました。今回も,「コンクリート工学年
次論文集」掲載論文・報告を中心とした活発な発表・討議の場とすべく,
多数の方々に鋭意ご参加下さるようお願い申し上げます。

 申込期間:2005年11月7日(月)〜12月6日(火)

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.jp/rally/2006/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】「コンクリートテクノプラザ2006
   −ドキドキわくわくコンクリートテクノロジー」
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 コンクリート工学年次大会2006(新潟)の主要行事として,「コンク
リートテクノプラザ2006─ドキドキわくわくコンクリートテクノロジー」
を企画しています。
 「コンクリートテクノプラザ2006」では,参加者の方々に,ブース形
式による新技術内容の展示・説明をして頂き,また同会場内で開催され
る「技術紹介セッション」にもご参加頂いて,コンクリートの最先端技
術を,映像その他の効果的な手法を用いて来場者に体感・実感して頂く
ことにしております。テクノプラザの会場は,年次大会の講演発表会と
同じ朱鷺メッセ(展示ホール)会場です。
 コンクリートの新材料・新技術・新工法等の技術紹介を募集いたしま
すので,ふるってご応募下さい。

 申込締切:2005年12月26日(月)

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.jp/rally/2006/event/techno_01.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】Journal of Advanced Concrete Technology (ACT)
   −定期購読申込のご案内(一部変更のお知らせ)−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会が発行する英文論文誌「Journal of Advanced Concrete Technology
(ACT)」は発刊から2年を経ましたが,この立ち上がり時期に皆様の温か
いご支援を頂きましたことに改めて厚くお礼申し上げます。
 今後も,通常(有料)の定期刊行物として,従来通り年3回,冊子体
および電子版にて刊行を継続いたします。定期購読はACT web サイトか
らカード決済を前提としてオンラインで申込み頂くこととしています。
皆様方の多数のお申込みをお待ちしております。

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.j-act.org/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】関東支部:栃木地区講演会「建築物に関する最近の
   トラブルをめぐって」 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会関東支部栃木地区では,恒例となりました講演会を宇都宮市で開
催いたします。建築物に関する最近のトラブルの事例をとりあげ,お話
しいただく予定です。ふるってご参加ください。

 開催日時:2005年12月6日(火)13:30〜17:00
 開催場所:栃木県総合文化センター 第一会議室
      http://www.sobun-tochigi.jp/

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-web.jp/branch_kanto/gyoji.htm#totigi


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】中部支部:第2回学生研修会
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会中部支部では,コンクリート工学分野の学生会員を主な対象とし,
教員や技術者も対象として,一緒に研修と交流を行う機会を企画いたし
ました。ふるってご参加ください。

 申込締切:2005年11月30日(水)
 開催日時:2005年12月26日(月)・27日(火)
 開催場所:トヨタ白川郷自然学校
      http://www.toyota.eco-inst.jp/concept/index.html

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-web.jp/branch_chubu/gakuseikensyukai.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 9 】四国支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会四国支部では,研究課題を募集いたしますので,ふるってご応募
ください。

 応募締切:2005年11月30日(水)17:00必着

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/branch/shikoku051130.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 10 】九州支部「九州・沖縄地区における既存鉄筋コンクリート建物
   の劣化調査研究報告」 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会九州支部では,平成15年に「既存RC建物の劣化調査委員会(委員
長:三井宜之)を設置し,耐震診断関係の報告書をもとにして九州・沖
縄地区における既存鉄筋コンクリート建物の劣化に関するデータを共有
できるような統一的な書式の下で収集し,かつ耐久評価に関する分析な
どについて研究活動を進めてきました。
 今般,耐震診断における既存鉄筋コンクリート建物の劣化に対すると
らえ方,既存鉄筋コンクリート建物の建設時の仕様や施工技術の変遷,
九州・沖縄地区の調査結果状況とその分析結果および九州・沖縄地区の
劣化状況を横断的にとらえた場合の傾向などについて報告するワークシ
ョップを催すことにしました。
 建築設計・構造関係者,建築施工者,建築材料関係者などの多数のご
参加を頂きますよう,ご案内申し上げます。

 申込締切:2005年11月17日(木)
 開催日時:2005年11月24日(木)10:30〜16:45
 開催場所:熊本県立劇場大会議室 地下1階
      http://www.kengeki.or.jp/

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/branch/kyushu051124.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 11 】九州支部:ジョイントセミナー「光学的計測法の基礎と応用
   〜鋼・コンクリート構造物への応用〜」 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本会九州支部の「コンクリートの劣化・硬化過程の非接触全視野ひず
み計測に関する研究専門委員会」では,光学的計測手法のコンクリート
の計測への応用について議論しています。今回は,日本実験力学会の光
学的手法分科会で議論されている各種光学的手法の基本原理と,それら
のコンクリート構造物や鋼構造物への適用可能性について取り上げ,セ
ミナーを開催いたします。ご興味のお持ちの多くの方々のご参加をお待
ちしております。

 申込締切:2005年12月12日(月)
 開催日時:2005年12月22日(木)13:30〜17:30
 開催場所:九州大学箱崎キャンパスVBLセミナー室
      http://www.vbl.kyushu-u.ac.jp/map.html

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/branch/kyushu051222.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 12 】2006年度コンクリート診断士講習会および試験のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2006年度の第6回コンクリート診断士講習会および試験を,実施します
のでご案内致します。

 2006年度コンクリート診断士講習会
  札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/広島/高松/福岡/沖縄
  期日:2006年4月
 受講申込期間:2006年1月10日(火)〜27日(金)(消印有効)

 2006年度コンクリート診断士試験
  札幌/仙台/東京/名古屋/大阪/広島/福岡/沖縄
  期日:2006年7月23日(日)
 願書受付期間:2006年5月1日(月)〜31日(水)

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/qualifi_01/sds_2006_guide.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 13 】コンクリート工学 2005年11月号 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[巻頭言]コンクリートの技術開発について(米田俊一)

[解説]
・土木学会表面保護工法設計施工指針(案)の概要
 (舟川 勲・牛島 栄・宮川豊章・山本泰彦)
・上下地震動の特長と日中米3国の建築設計各規準における同地震動に対
 する耐震規定について(嶋津孝之)

[テクニカルレポート]
・プレキャストECC連結梁を用いた高層RC新架構
 (丸田 誠・閑田徹志・永井 覚・山本幸正)
・プレキャストセグメント橋におけるデジタルカメラを用いた3次元形状
 計測試験(近藤琢也・中村定明・今泉安雄・大野達也)

[随 筆]常に基礎から学ぶ(藤嶋 昭)

[工事記録]
・矢作川橋の設計・施工の概要と維持管理計画
 (上東 泰・濱崎英輝・山本 徹・奥山 元)
・低収縮型超高強度コンクリートを用いた橋梁上部工の施工−秋葉原公
 共デッキ建設工事−(坂井吾郎・一宮利通・岡本裕昭・小室 敦)
・14万kl大型PCLNG地上タンクの設計と施工
 (若林雅樹・福田 誠・村上岳彦・谷 英樹)

[文献調査]
・プレファブリケーションに関わる環境問題
 (文献調査委員会)(田村雅紀)

[さろん]自然の風景と景観(吉岡研三)

[海外だより]
・ビクトリア時代の土木技術者ブルネルに学ぶ(久保淳一郎)

[国際情報]
・第7回高強度/高性能コンクリートの利用に関する国際シンポジウム
 (西山峰広)
・Cementitious Materials as Model Porous Media: Nanostructure
and Transport Processes に参加して(半井健一郎・石田哲也)

[支部だより]JCI四国支部の設立(堺 孝司)

≪コンクリート技士のページ≫
 コンクリートに携わって(篠原知行)
≪コンクリート診断士のページ≫
 私とコンクリート診断のつき合い(戸田勝哉)
≪我が職場≫
 国立大学法人名古屋工業大学土木系コンクリート研究室(梅原秀哲)
≪読者コーナー≫
 コンクリートを思う(長谷川聖史)

 詳しくは,次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/bulletin/200511/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メール配信停止・変更,登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/


ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は,日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
■ブレイン(株)のメール配信システムを利用しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭へ