JCIメールニュースサービス
バックナンバー
2005年9月号

==========================================================
 (社)日本コンクリート工学協会
    メールニュース        2005年9月号
==========================================================
◇本メールニュースは登録者を対象に発信しております。
 メールの配信停止・変更、登録は本メールの最後をご覧ください。

−コンテンツ−

【 1 】「コンクリート用再生骨材の普及促進」に関するシンポジウム
   −定員に達したため申込を締め切りました−
   開催日:2005年9月22日

【 2 】「セメント系材料・骨材研究委員会」講習会
   −参加募集−
   開催日:2005年9月28日

【 3 】Journal of Advanced Concrete Technology (ACT)
   −定期購読申込のご案内−

【 4 】関東支部「高強度コンクリート施工現場見学会」
   −参加募集−
   開催日:2005年9月30日

【 5 】近畿支部:平成17年度近畿支部研究委員会の設置と研究課題の公募
   応募締切:2005年9月末日

【 6 】四国支部「コンクリート護岸の維持管理技術」に関する講習会
   −参加募集−
   開催日:2005年10月5日

【 7 】四国支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
   応募締切:2005年11月30日

【 8 】九州支部「九州・沖縄地区における既存鉄筋コンクリート建物の
   劣化調査研究報告」
   −参加募集−
   申込締切:2005年11月17日/開催日:2005年11月24日

【 9 】2005年度コンクリート診断士研修会への参加ご案内
   −診断士の皆様へ−

【10 】第38回コンクリート技術講習会への参加ご案内

【11 】コンクリート工学 2005年9月号 目次

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 1 】「コンクリート用再生骨材の普及促進」に関するシンポジウム
   −定員に達したため申込を締め切りました−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「建設廃棄物コンクリート塊の再資源化物に関する標準調査研究委員会」
(委員長:町田篤彦埼玉大学教授)では,2002年度より経済産業省の委
託を受けて,再生骨材の普及を図る上で必要な規格等について検討を進
めてきました。
 本シンポジウムでは,本研究委員会の成果であるコンクリート用再生
骨材のJISの概要,ならびに再生骨材の製造・利用に関する技術の現状お
よび将来的課題に関して講演を行うとともに,関係する諸官庁・諸団体
よりパネラーをお招きして,再生骨材の普及に関わる諸問題の解決策に
ついてのパネルディスカッションを開催します。多数の皆様方のご参加
をお待ちしております。

 開 催 日:2005年9月22日(木)13:00〜17:00
 開催場所:ルポール麹町
      http://www.chikyosai.or.jp/leport-kojimachi/

 詳しくは、次のページをご覧ください。
http://www.jci-net.or.jp/sympo/20050922.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 2 】「セメント系材料・骨材研究委員会」講習会
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「セメント系材料・骨材研究委員会」(委員長:坂井悦郎東京工業大学
大学院助教授)では,平成15年度と16年度の2年間にわたり,セメント系
材料や骨材の現状と今後の動向を整理し,特に汎用セメントのあるべき
姿や新しい劣化現象を含めて骨材を鉱物学的,地球化学的な観点から再
整理することを目的に,作用機構から考えたセメント系材料・骨材のあ
るべき姿,セメント系材料・骨材の実態と技術の変遷,セメント系材料
・骨材の品質評価法や規格関連を中心に調査研究を行ってまいりました。
 この度,標記講習会を開催し,本委員会の研究成果の報告を行うとと
もに,著名な講師を招待して特別講演を予定しております。 皆様方の多
数のご参加をお待ちしております。

 開 催 日:2005年9月28日(水) 10:00〜16:50
 開催場所:中央大学駿河台記念館370号室
      http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/kinenkan_hp/

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=10&n=__no__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 3 】Journal of Advanced Concrete Technology (ACT)
   −定期購読申込のご案内−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本会が発行する英文論文集「Journal of Advanced Concrete Technology
(ACT)」は,定期刊行物として年3回,冊子体および電子版にて刊行して
おります。定期購読は,webからオンラインで申込をすることができます。

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=2&n=__no__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 4 】関東支部「高強度コンクリート施工現場見学会」
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この見学会では,サッポロビール埼玉工場跡地に施工中の分譲マンショ
ンの施工現場を見学します。 下層階に設計基準強度54MPaの高強度コンク
リートが使用されています。
 発注者,施工者,設計者および製造者の方々の参加をお待ちしていま
す。

 開催日時:2005年9月30日(金) 14:00〜16:00
 見学場所:川口市並木元町

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=3&n=__no__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 5 】近畿支部:平成17年度近畿支部研究委員会の設置と研究課題の
   公募
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学協会近畿支部では,事業の一環として研究委員会
を設置し,支部会員の自発的創意による研究活動を行う制度を設けてお
ります。
 つきましては,平成17年度の研究課題を募集いたしますので,ふるっ
てご応募ください。

 応募締切:2005年9月末日(必着)

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=4&n=__no__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 6 】四国支部「コンクリート護岸の維持管理技術」に関する講習会
   −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学協会中国・四国支部「コンクリート護岸の維持管
理技術に関する研究委員会」(委員長:橋本親典)では,都市内の感潮
河川に建設されたコンクリート護岸の維持管理技術の構築を目的として,
2004年2月〜2005年4月の約2年間調査研究活動を行ってまいりました。 つ
きましては,その成果を報告する講習会を開催いたします。 奮ってご参
加下さいますようご案内申し上げます。

 開催日時:2005年10月5日(水) 13:30〜17:00
 開催場所:徳島大学工学部工業会館メモリアルホール
      http://www.kgk.tokushima-u.ac.jp/index.html

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=5&n=__no__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 7 】四国支部:研究委員会の設置と研究課題の募集
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学協会四国支部では、研究課題を募集いたしますの
で,ふるってご応募ください。

 応募締切:2005年11月30日(水)17:00必着

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=6&n=__no__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 8 】九州支部「九州・沖縄地区における既存鉄筋コンクリート建物
   の劣化調査研究報告」 −参加募集−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本コンクリート工学協会九州支部では,平成15年に「既存RC建物の劣
化調査委員会(委員長:三井宜之)を設置し,耐震診断関係の報告書を
もとにして九州・沖縄地区における既存鉄筋コンクリート建物の劣化に
関するデータを共有できるような統一的な書式の下で収集し,かつ耐久
評価に関する分析などについて研究活動を進めてきました。
 今般,耐震診断における既存鉄筋コンクリート建物の劣化に対すると
らえ方,既存鉄筋コンクリート建物の建設時の仕様や施工技術の変遷,
九州・沖縄地区の調査結果状況とその分析結果および九州・沖縄地区の
劣化状況を横断的にとらえた場合の傾向などについて報告するワークシ
ョップを催すことにしました。
 建築設計・構造関係者,建築施工者,建築材料関係者などの多数のご
参加を頂きますよう,ご案内申し上げます。

 申込締切:2005年11月17日(木)
 開催日時:2005年11月24日(木) 10:30〜16:45
 開催場所:熊本県立劇場大会議室 地下1階
      http://www.kengeki.or.jp/

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=7&n=__no__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 9 】2005年度コンクリート診断士研修会への参加ご案内
   −診断士の皆様へ−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 次年度以降に登録更新するコンクリート診断士の方々への参加募集で
す。(本年度の登録更新申込手続きは終了しました。)
 この研修会では,特別講演およびコンクリート診断士による調査報告
事例の紹介が行われます。奮ってご参加ください。

 開催地/ 開 催 日 /場 所
 札 幌/9月20日(火)/札幌ガーデンパレス
 仙 台/9月14日(水)/ハーネル仙台
 東京1 /9月13日(火)/あいおい損保新宿ホール
 東京2 /9月30日(金)/同上
 名古屋/9月16日(金)/名古屋工業大学
 大 阪/9月26日(月)/大阪リバーサイドホテル
 広 島/9月15日(木)/八丁堀シャンテ
 福 岡/9月21日(水)/福岡県自治会館

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=8&n=__no__


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 10 】第38回コンクリート技術講習会への参加ご案内
    −コンクリート技術の基礎知識−
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この講習会は,最新の技術動向を含めたコンクリートの基礎知識を修得
していただくことを目的として,毎年行っているものです。コンクリー
トの製造業務,コンクリート構造物の設計・施工・管理など,コンクリ
ートに関連するあらゆる業務に携わる方々,またコンクリート技士・主
任技士の資格取得を目指して勉強中の方々にも適したものを計画してお
りますので,多数聴講されるようお勧めいたします。

 開催地/ 開 催 日 /場 所
 東京1 /10月3・4日 /工学院大学
 東京2 /10月5・6日 /同上
 札 幌/10月11・12日/北海道建設会館
 仙 台/10月13・14日/メルパルク仙台
 名古屋/10月5・6日 /名古屋市公会堂
 大 阪/10月27・28日/大阪リバーサイドホテル
 広 島/10月18・19日/八丁堀シャンテ
 福 岡/10月19・20日/福岡県自治会館

 詳しくは、次のページをご覧ください。
https://s.blayn.jp/sm/mng/cc/fw.php?i=jci&c=9&n=__no__

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 11 】コンクリート工学 2005年9月号 目次
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*創立40周年記念特集号*

[巻頭言]日本コンクリート工学協会40年の堅実なあゆみの基
     (長瀧重義)
1. 記念式典の概要
1.1 (社)日本コンクリート工学協会創立40周年記念行事記念式典・記念
  講演会・祝賀懇親会
1.2 創立40周年記念講演の概要
1.アジアコンクリート連盟への期待と活動(魚本健人)
2.Concrete Technology and Industry in Korea/韓国のコンクリー
   ト技術と産業(Keun Joo Byun)
3.Recent Outstanding Concrete Structures in India/インドにお
   ける最近の優れたコンクリート構造物(Mahesh Tandon)
4.Surface Deterioration of Concrete Contaminated by Pyritic
   Aggregates−A Phenomenal Occurrence in Thailand/タイにおけ
   る黄鉄鉱含有骨材によるコンクリートの表面劣化
   (Pichai Nimityongskul)

2. 40周年に寄せて
2.1 CONGRATULATIONS FROM ACI/ACI からお祝い申し上げます
  (Jim Cagley)
2.2 The future challenge of concrete structures/コンクリート構造
  物の未来へ向けて(Giuseppe Mancini)

3. 10年間の活動から40周年を考える
3.1 10年間の活動
3.2 10年間の主なトピックス
3.2.1 阪神大震災と土木構造物の耐震設計技術の変遷(丸山久一)
3.2.2 阪神大震災とその後の建築の動向と課題(小谷俊介)
3.2.3 コンクリート診断士制度について(魚本健人)
3.2.4 国際的情報発信誌−ACTの発刊(三橋博三)
3.2.5 アジアでのネットワーク形成−ICCMCからACF(上田多門)
3.2.6 コンクリート品質問題−美田ならぬものへの信頼と疑問(宮川豊章)
3.2.7 コンクリートと環境問題(堺 孝司)
3.2.8 性能規定化,適合性評価とJIS マーク表示制度(辻 幸和)
3.2.9 鉄筋コンクリート建物の性能規定化と関連規準(田中仁史)
3.2.10 JCIの活動の電子情報化(野口 博)
3.3 支部活動の10年
3.3.1 北海道支部の活動状況(佐伯 昇)
3.3.2 東北支部の活動状況(庄谷征美)
3.3.3 関東支部の活動状況(林 静雄)
3.3.4 中部支部の活動状況(谷川恭雄)
3.3.5 近畿支部の活動状況(六車 煕・西林新蔵)
3.3.6 中国・四国支部の活動状況(浜田純夫)
3.3.7 九州支部の活動状況(大和竹史)

4. コンクリート工学の現状と未来に対する提言
4.1 新たな発展の条件 政治・経済から見た建設産業,コンクリート産
  業の今後(森田 実)
4.2 日本経済の行方とコンクリート産業の課題(水谷研治)
4.3 コンクリートと個人(藤森照信)
4.4 ユビキタス・コンピューティングから見た建築・国土 その未来
  (坂村 健)
4.5 地震に学ぶコンクリート 機械屋から見た地震とコンクリート
  (畑村洋太郎)

5. アンケート
5.1 アンケート実施結果報告 コンクリートと21世紀(編集WG)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メール配信停止・変更、登録
下記のサイトでお願いいたします。
http://www.jci-net.or.jp/mailnews/


ご不明な点は下記にお問い合わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合せ
社団法人 日本コンクリート工学協会
102-0083 東京都千代田区麹町1-7相互半蔵門ビル12階
Tel:03-3263-1571 Fax:03-3263-2115
e-mail:jci-web@jci-net.or.jp
URL:http://www.jci-net.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■メールニュースの編集・発行は、日本コンクリート工学協会
電子情報化委員会が担当しています。
URL:http://www.jci-web.jp/denshi/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ページの先頭へ