日本コンクリート工学会50年のあゆみ

第2編 組織

2. 会員

(1)会員の構成
公益社団法人である本会は、会員によって構成されている。日本コンクリート会議の1965年7月末の会員は第1種団体会員7団体、第2種団体会員28団体、個人会員317人であった。会の維持には、団体会員の確保が肝要なため正会員が主体の学会とは異なった扱いで、創立当時の定款では
(1)  第1種団体会員 コンクリートに関連のある公共機関または学(協)会
(2)  第2種団体会員 本会の目的・事業を賛助する団体・企業
(3)  個人会員コンクリートに関心を有する個人と定めていた。
(2)の第2種団体会員は2015年現在、会費の月額に応じて第1級から第4級に区分されている。
(3)の個人会員の名称は1967年に『正会員』と改称し、「コンクリートに関する学識経験者またはコンクリート工学に関する密接な関係のある業務に従事する者」と定められた。さらに2011年より学生会員が加わった。
会員数の推移は表2.1及び図2.1に示すように発足当初842名であったが、その後順調に伸び続け2003年には8,500名を突破した。しかし、その後景気低迷の影響等により会員数は伸び悩んでいる。
正会員の勤務先業種は、1970年から実施しているコンクリート技士、および主任技士試験の影響で、1979年では生コンクリートが約3分の1を占めていたが、建設業界の技士試験受験勧奨もあって、1995年には正会員の構成で建設業が最も多い業種となった。また、研究委員会活動や年次大会(1979年から開催)発表の若手研究者の入会で、大学・学校の会員も増加し、近年になって建設業に次ぐ業種となっている。

3月末現在 正会員 学生会員 団体会員 会員総数
66 676   166 842
67 843   206 1,049
68 957   205 1,162
69 1114   210 1,324
70 1256   214 1,470
71 1440   222 1,662
72 2312   249 2,561
73 2726   235 2,961
74 3255   234 3,489
75 3967   247 4,214
76 4209   250 4,459
77 4534   251 4,785
78 4726   251 4,977
79 4949   263 5,212
80 5280   269 5,549
81 5633   283 5,916
82 5807   316 6,123
83 6015   329 6,344
84 6111   332 6,443
85 6279   334 6,613
86 6339   336 6,675
87 6319   336 6,655
88 6393   335 6,728
89 6489   337 6,826
90 6583   346 6,929
91 6659   360 7,019
92 6841   373 7,214
93 7025   375 7,400
94 7219   379 7,598
95 7348   372 7,720
96 7512   371 7,883
97 7692   371 8,063
98 7840   364 8,204
99 7801   359 8,160
00 7764   391 8,155
01 7970   396 8,366
02 8073   391 8,464
03 8125   388 8,513
04 8003   380 8,383
05 7727   374 8,101
06 7676   369 8,045
07 7546   362 7,908
08 7568   368 7,936
09 7532   353 7,885
10 7441   351 7,792
11 7463 0 344 7,807
12 6915 236 339 7,490
13 6659 364 346 7,369
14 6529 281 351 7,161
15 6352 411 362 7,125
表2.1
表2.1 会員数の推移
図2.1
図2.1 正会員の業種別

(2)名誉会員
定款第12条に規定されている名誉会員については、1973年に内規が作られ創立10周年に際して名誉会員推挙が行われた。1975年3月25日に選考委員会で審議し同年開催の通常総会において、初代および第2代会長を名誉会員に推挙した。さらに1976年にACI 元会長、1983年に6名の元会長、その後は会長就任者が任期満了翌年の通常総会で推挙されてきた。1995年には、創立30周年記念式典において元副会長等9名に推挙状を贈り、2003年からは毎年通常総会において複数名を推挙し、2014年までに160名が名誉会員に推挙されている(名誉会員一覧)。

ページの先頭へ