九州支部
「建設材料としてのジオポリマーに
関する講習会」
—参加募集—

開催日: 2016年11月2日(水)
申込締切: 2016年10月25日(火)
主催: 日本コンクリート工学会九州支部
共催: 土木学会西部支部、九州橋梁・構造工学研究会
後援:
(予定)
日本建築学会九州支部、建設コンサルタンツ協会九州支部、国土交通省九州地方整備局、福岡県

低炭素社会ならびに環境負荷低減性に関する関心が高まりを見せる中、建設分野においても主要なセメント材料とともに、より幅広い分野でより高度な要求性能にも応えられる材料の展開が必要となってきております。アルミナシリカ粉末とアルカリ溶液との反応によって形成される非晶質の縮重合体(ポリマー)であるジオポリマーは、同じ構造物を建設した場合、セメントと比較して約80%のCO2排出量を削減できるとの報告もあり、次世代のコンクリートのバインダーとなりうる可能性を有しております。また、材料であるアルミナシリカ粉末としては、フライアッシュや高炉スラグ微粉末といった産業副産物を用いる場合が多く、資源の有効利用の点からも、ジオポリマーは環境に優しい新技術の一つであると考えられます。
このような背景のもと、日本コンクリート工学会九州支部では、「建設材料としてのジオポリマーに関する研究委員会(委員長:一宮一夫・大分工業高等専門学校 教授)」を発足させ、2年間にわたり活動を行ってまいりました。
このたび、本研究委員会では、活動の成果報告として、下記の要領にて講習会を開催することとしました。建設分野におけるジオポリマーの基礎知識、共通実験の報告ならびにWEBラーニングについてご紹介するとともに、特別講演として、国内におけるジオポリマー研究の第一人者である池田攻・山口大学名誉教授にご講演いただくことにしております。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

1. 開催日時: 2016年11月2日(水)13:00〜17:20(予定)
2. 開催場所: JR博多シティ10F 大会議室
(福岡市博多区博多駅中央街6-11)
3. プログラム(予定): 司会:合田寛基(九州工業大学大学院)
12:30〜13:00 受付
13:00〜13:10 開会挨拶
日本コンクリート工学会九州支部支部長
佐藤嘉昭(大分大学)
13:10〜13:30 ジオポリマーの紹介
委員長:一宮一夫(大分工業高等専門学校)
13:30〜15:40 ジオポリマーの特性に関する文献調査報告
山口明伸(鹿児島大学大学院)
佐川康貴(九州大学大学院)
尾上幸造(熊本大学大学院)
合田寛基(前掲)
15:40〜16:10 共通実験報告
平本真也(日鉄住金高炉セメント(株))
合田寛基(前掲)
16:10〜17:10 特別講演
「ジオポリマーの基礎と最近の進歩」
池田攻(山口大学名誉教授)
17:10〜17:20 閉会挨拶 副委員長:原田耕司(西松建設(株))
4. 土木学会CPD: 4.0単位
5. 定員: 100名(定員に達し次第、締め切りとさせていただきます。)
6. 参加費: 消費税込み、報告書含む。
正会員
(共催、後援機関の各会員、組合会員含む)
4000円
非会員 6000円
学生※1 1000円
※1 学生の方は、参加申込み時に学生証のコピーを添付するか当日の手続き時に学生証をご提示願います。
7. 申込方法: 氏名、会員・非会員・学生の別、所属(勤務先・在学先)、同所在地、電話、FAX.E-mailアドレスを明記のうえ、下記(申込先)までFAXまたはメールにてお申し込みください。折り返し、聴講券を返送いたしますので当日ご持参ください。なお、定員に達し、お断りしたとき以外のキャンセルは受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。
8. 参加費の支払方法: 参加費の支払方法は「当日の現金払い」を基本とさせていただきます。なお、その他の方法をご希望する方は、下記の問合せ先にご相談ください。
9. 申込締切: 2016年10月25日(火)
10. 申込先・問合せ先: 〒811-2416 福岡県糟屋郡篠栗町大字田中315番地の1
(財)福岡県建設技術情報センター内
日本コンクリート工学会 九州支部事務局
TEL/FAX : 092-948-3043
E-mail : jci_kyushu@ybb.ne.jp
※FAX、E-mailは常時受付しております。電話の受付は、火曜〜金曜の10時〜16時となっております。不在の場合は、留守番電話にメッセージをお願いします。折り返しご連絡させていただきます。

ページの先頭へ