接合部を有する
プレキャスト・プレストレストコンクリート構造の
設計法研究委員会報告会
(オンライン形式)
—参加募集—

配信期間: 2021年3月13日(土)〜3月21日(日)
申込締切: 2021年2月25日(木)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援: 土木学会、日本建築学会、プレストレストコンクリート工学会、日本鉄筋継手協会、プレハブ建築協会、日本建築構造技術者協会、建設コンサルタンツ協会、プレストレスト・コンクリート建設業協会

建設分野における生産性向上に関する様々な取組みがなされている中、コンクリート構造物の建設におけるプレキャスト(PCaと称す)構造の適用は、関連する労働者の減少や建設費用・工期の縮減等の社会ニーズへの効果的な方策と考えられています。この構造を適用する際には、PCa構造ならびにプレキャスト・プレストレストコンクリート(PCaPCと称す)構造で必然となる「接合」もしくは「接合部」を適切に設計、施工する必要があります。この課題に対して、本学会では「接合部を有するプレキャスト・プレストレストコンクリート構造の設計法研究委員会(委員長:三木朋広・神戸大学)」を設置し、2018年度から2年間活動しました。この活動では、PCa構造とPCaPC構造の設計、特にPCa部材の接合に関連する国内外の土木、建築分野の基準類、研究動向を調査するとともに、研究開発された比較的新しい技術を調査しました。さらに、設計と施工の事例を調査し、接合方法が採用された理由や経緯を調べて、土木、建築分野における傾向を整理しました。
本研究委員会の成果を多くの方にご紹介するために、このたびオンライン報告会を開催いたします。成果報告では、報告書の各章を概説し、土木、建築両分野における動向を紹介します。最後のパネルディスカッションでは、本研究委員会で議論した内容の一部を参加者の皆様と共有する場とすることができればと考えています。関係各位お誘い合わせのうえ、ふるってご参加くださいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


1. 報告会の配信方式と配信期間: 配信方式:オンデマンド配信
配信期間:2021年3月13日(土)〜3月21日(日)
※期間中は24時間いつでも視聴可能です。
2. プログラム(予定):
(10分)開会挨拶および全体概要について
三木朋広(神戸大学)
(50分)委員会報告(1):第2章「プレキャスト接合部に関する基準類」(基準WG)
大島義信(ナカノフドー建設)、丸田誠(静岡理工科大学)
(50分)委員会報告(2):第3章「接合部の耐荷機構と評価式、ならびに適用事例」(性能評価WG)
谷昌典(京都大学)、小坂崇(阪神高速道路)、竹内崇(神戸大学)
(50分)委員会報告(3):第4章「今後、適用が期待される構造」(新技術WG)
坂田博史(建研)、大窪一正(鹿島建設)
(50分)委員会報告(4):第5章「プレキャスト構造の設計施工事例」(設計施工WG)
市澤勇彦(ピーエス三菱)、大城壮司(西日本高速道路)
(60分)パネルディスカッション「プレキャスト構造の設計、施工に関する現状と今後の展望」
(内容および時間は、都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
3. 参加費: 消費税込み、配布資料(報告書1冊)含む。
正会員(個人) 8000円
名誉会員・終身会員・フェロー会員※1 3000円
団体会員※2・後援団体※3 9000円
会員外 11000円
学生会員※4 3000円
学生会員外※4 4000円
※1 JCIの名誉会員・終身会員・フェロー会員の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず会員証のコピーをご提出ください。
※2 本学会団体会員の役員・職員
※3 後援団体の個人会員および役員・職員
※4 学生の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず学生証のコピーをご提出ください。
4. 申込方法:
1) 参加申込は、以下のWebサイトからお願いいたします。
参加申込用URL:
https://www.activenet.tv/jcicommittee/regist_pcapc21/
参加費のお支払方法(銀行振込)の詳細は、参加申込完了後にメールでご案内いたします。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。ただし、不慮の災害・事故等により配信が中止になった場合には、資料代金相当額を控除した額をご返金いたします。配信中止時の控除額や、返金対象となる参加申込種別などの詳細は、申込締切日までに本ページへ掲載いたします。
2) 報告書と報告会参加用のURLとパスワードの発送は、配信開始日の1週間前頃を予定しております。
5. 申込締切: 2021年2月25日(木)24:00にてWeb受付を終了します。ただし、定員(100名)になった時点でも締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。なお、3月1日(月)までに参加費の支払いが完了していない場合には、参加申込は無効とさせていただきますので、ご注意ください。
6. 問合せ先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会「PCaPC報告会」係(担当:岡田)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:okada-r@jci-net.or.jp
7. その他: オンライン形式による報告会がCPD単位の認定対象となっているかについては、本学会に受講証明書の発行依頼を行う前に、必ず申請先の団体にご確認をお願いいたします。受講証明書をご希望の場合は、申請先団体の書式へ必要事項を記入のうえ、84円切手を貼付した返信用封筒とともに上記の問合せ先へご郵送ください。受講証明印を捺印のうえ、ご返送いたします(郵送での対応のみとなります)。なお、配信期間内に繰り返し視聴した場合も、証明する受講時間はプログラム1回分の視聴時間となります。

ページの先頭へ