「有害廃棄物・放射性廃棄物処分への
セメント・コンクリート技術の
適用研究委員会」報告会
(オンライン形式)
─参加募集─

開催日: 2020年12月23日(水)
申込締切: 2020年12月13日(日)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援:
(予定)
土木学会、日本建築学会、セメント協会、日本材料学会、日本原子力学会、地盤工学会、廃棄物資源循環学会

近年、多様化する社会的課題に対して分野・領域を跨いだ学際研究が活発になっています。コンクリート工学は建設分野だけではなく廃棄物処分にも深く関与していますが、セメント・コンクリートに関連する技術や知見の最新情報と廃棄物処分側のニーズが必ずしもマッチしていない実状も見られます。このような背景から、有害廃棄物・放射性廃棄物処分へのセメント・コンクリート技術の適用性について、現状保有する技術や今後の技術的課題を整理し、コンクリート工学の貢献の可能性を明確化するとともに、アピールすることが大切であると考え、本学会にて「有害廃棄物・放射性廃棄物処分へのセメント・コンクリート技術の適用研究委員会(委員長:山田一夫・国立環境研究所)」を発足しました。まず、平成29年度に実施しましたフィージビリティスタディにおいては調査研究の意義やねらいを定め、続く平成30年から研究委員会として2年間の活動を行って参りました。
本委員会では、通例の委員会とは異なり、セメント・コンクリート分野のみならず、環境、原子力、地盤等の異なる分野から多くの有識者を集め、廃棄物処分におけるニーズとコンクリート工学が有する知見や技術の照合、ならびに将来的な活用が見込まれる項目の抽出を行いました。コンクリート工学の従来領域を拡大することをねらい、各種の廃棄物処分関連分野に対して得られた知見・技術情報を積極的に発信するとともに、セメント・コンクリート分野の貢献の将来的可能性が見出された項目については、研究開発の活動を喚起したいとの考えによるものです。
このたび、オンライン報告会を開催して委員会活動の成果をご紹介するとともに、コンクリート関連業界ならびに各種廃棄物処分関連業界のこれからについて議論が活性化するよう、有害廃棄物処分および放射性廃棄物処分の分野からそれぞれ、実務経験の豊富な有識者を招き、基調講演を頂くといった企画も催します。また、委員会報告および基調講演に関する質疑を聴講者からお受けし、ライブ中継にてお答えすることを予定しています。関係各位お誘い合わせのうえ、ふるってご参加くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


1. 開催日時: 2020年12月23日(水) 13:00〜15:50(予定)
2. 配信方式: ライブ配信(Zoomウェビナー使用予定)
3. プログラム(予定): 司会進行 幹事長:蔵重勲(電力中央研究所)
13:00〜13:10 開会挨拶および全体概要について
委員長:
山田一夫(国立環境研究所)
13:10〜13:25 委員会報告1:第1章「有害廃棄物・放射性廃棄物処分の概要」
副委員長:
芳賀和子(太平洋コンサルタント)
13:25〜13:45 委員会報告2:第2章「有害廃棄物処分のセメント固型化技術」
WG1主査:
乾徹(大阪大学)
13:45〜14:05 委員会報告3:第3章「放射性廃棄物処分に関わるセメント・コンクリート技術」
WG2主査:
半井健一郎(広島大学)、庭瀬一仁(八戸工業高等専門学校)
14:05〜14:15 委員会報告に関する質疑応答
14:15〜14:25 <休憩>
14:25〜14:55 基調講演1「有害廃棄物を対象とした固型化・不溶化技術について」
高岡昌輝(京都大学)
14:55〜15:05 基調講演1に関する質疑応答
15:05〜15:35 基調講演2「低レベル放射性廃棄物埋設のさらなる安心に向けて」
佐々木泰(日本原燃)
15:35〜15:45 基調講演2に関する質疑応答
15:45〜15:50 総括および閉会挨拶
副委員長:
芳賀和子(前掲)
(内容および時間は、都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
4. 参加費: 消費税込み、報告書(CD1枚)含む。
正会員(個人) 6000円
名誉会員・終身会員・フェロー会員※1 3000円
団体会員※2・後援団体※3・4 7000円
会員外 8000円
学生会員※5 3000円
学生会員外※5 4000円
※1 JCIの名誉会員・終身会員・フェロー会員の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず会員証のコピーをご提出ください。
※2 本学会団体会員の役員・職員
※3 後援団体の個人会員および役員・職員
※4 セメント協会加盟会社の役員・社員および同協会の役員・職員
※5 学生の方はWebサイトから参加申込をする際に、必ず学生証のコピーをご提出ください。
5. 申込方法:
1) 参加申込は、以下のWebサイトからお願いいたします。申込用Webサイトは10月14日(水)に開設予定です。
参加申込用URL:
https://www.activenet.tv/jcicommittee/regist_haikibutsu20/
参加費のお支払方法(銀行振込)の詳細は、参加申込完了後にメールでご案内いたします。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。ただし、不慮の災害・事故等により配信が中止になった場合には、資料代金相当額を控除した額をご返金いたします。配信中止時の控除額や、返金対象となる参加申込種別などの詳細は、本ページへ申込締切日までに掲載いたします。
2) 報告書(CD)の発送と報告会参加用のURLとパスワードの通知は、配信開始日の1週間前頃を予定しております。
6. 申込締切: 2020年12月13日(日)24:00にてWeb受付を終了します。ただし、定員(150名)になった時点でも締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。なお、12月15日(火)までに参加費の支払いが完了していない場合には、参加申込は無効とさせていただきますので、ご注意ください。
7. 問合せ先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「廃棄物処分技術報告会」係(担当:沖田)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:okita@jci-net.or.jp

ページの先頭へ