「自然環境下のコンクリート劣化」
に関するシンポジウム
—論文募集—

申込締切:2018年6月29日(金)

主催:公益社団法人 日本コンクリート工学会

本学会の「自然環境下のコンクリート劣化研究委員会」(委員長:湯浅昇・日本大学)では、自然環境下のコンクリートの劣化を対象にして、そのメカニズムから地域性評価を行うとともに、暴露試験のあり方を整理し、新たな暴露試験を開始する等の活動を行ってまいりました。
つきましては、委員会の研究成果を報告するとともに、広く一般の方々からの論文を募集し、その成果を取りまとめるために次の要領でシンポジウムを開催し、関係各位と幅広く討論を行う予定です。論文発表をご希望の方は、下記の論文募集要領を参考のうえ、ふるってご応募下さいますようご案内申し上げます。


1. 開催日: 2018年9月11日(火)
2. 開催場所: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
11階会議室
(東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル)
3. 応募要領:
(1)講演内容: 自然環境下のコンクリート劣化(促進試験のみから検討された劣化は対象にしていません)に関する研究論文とし、すでに発表された内容でも差し支えありません。
(2)テーマ: 1)寒冷・温暖気象環境下のコンクリート劣化
2)塩分・海洋環境下のコンクリート劣化
3)土壌環境下のコンクリート劣化
4)一般環境下のコンクリート劣化(中性化など)
5)その他のコンクリート劣化(複合劣化、アルカリシリカ反応など)
6)その他(気象環境解析、暴露試験、実構造物調査、劣化評価方法など)
(3)講演時間: 一人当たり15分程度とし、十分な討議をはかることを計画しています。
(4)申込資格: 講演者は、申込みの時点で本学会の正会員(個人会員)であること。ただし、連名者は非会員であっても差し支えありません。
4. 講演申込:
(1)申込方法: 下記の1)〜6)をA4判の用紙に記入のうえ、郵送、FAXあるいはE-mailにてお申込みください。
1)3.(2)による講演テーマ分類
2)講演題目
3)著者名(連名の場合には、講演者を筆頭著者として○印をつけ、会員番号を必ず記載する)
4)連絡先住所、所属、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス
5)論文の概要(400字程度)およびキーワード(4〜6ワード程度)
6)予定ページ数(4、6、8ページのいずれかとする)
(2)申込期限: 2018年6月29日(金)必着
(3)申込先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「自然環境下劣化シンポジウム」係
(担当:宇野)
TEL:03-3263-1571/FAX:03-3263-2115
E-mail:uno@jci-net.or.jp
(注)講演申込料は不要ですが、シンポジウム参加費は徴収させて頂きます。
5. 採否: 内容についての審査は行いませんが、本シンポジウムの目的、応募件数を勘案して「自然環境下のコンクリート劣化研究委員会」にて採否を決定します。採否の結果は7月上旬に講演申込者に通知するとともに、執筆要領に従い原稿を作成して頂きます。
6. 原稿の提出: (1)ページ数:4、6、8ページのいずれかとします。
(2)体裁:論文の採否が決まった段階で、原稿の執筆要領を送付します。
(3)提出期限:2018年7月31日(火)必着
(4)提出先:申込先と同じです 。

ページの先頭へ