マスコンクリート温度応力解析ソフト
JCMAC3-UおよびJCMAC1・2講習会
—参加募集—

開催日:2017年1月23日(月)

主催:公益社団法人 日本コンクリートエ学会

マスコンクリートソフト作成委員会(委員長:小野定)は、これまで数多くの温度応力解析ソフト(JCMACシリーズ)を公開してまいりました。JCMAC1では、FEMとCP法による温度応力解析のプログラムが収録されています。同様に、JCMAC2ではFEMとCP法による温度ひび割れ幅解析プログラムが、そしてJCMAC3では温度応力、乾燥収縮応力などの初期応力解析およびひび割れ幅解析プログラムが収録されており、現在多くの研究者、実務家に活用頂いております。そして、本年4月には最新の研究成果を取り入れたJCMAC3-UおよびJCMAC1・2が完成し頒布を開始しました。JCMAC3-Uでは、Agingと損傷を統一的に表現できる材料構成則の導入、独自の数値アルゴリズムの採用などにより初期応力が発生している構造物/部材の100万自由度クラスの大自由度モデルの保有耐荷力解析を行うことができます。一方、JCMAC1・2はJCMAC1とJCMAC2の主要部分を統合するとともに、高速ソルバーの採用およびユーザーインターフェースの改良などにより一段と使い勝手のよいものとなっています。今回の講習会では、JCMAC3-UとJCMAC1・2についての理解を深めて頂くため、これらのソフトの機能、特徴および解析事例などを説明します。多数の皆様のご参加をお待ち致しております。


1. 開催日時: 2017年1月23日(月)13:30〜17:30(予定)
2. 開催場所: 日本コンクリート工学会11階会議室
(東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル)
3. プログラム(予定):
13:30〜13:40 開会挨拶 小野定(C&Rコンサルタント)
13:40〜14:10 JCMAC3-U、JCMAC・2開発の目的・機能・特徴
田辺忠顕(名古屋大学名誉教授)
14:10〜15:00 JCMAC3-Uによる任意のクーリングパイプ配置問題の解析および大自由度モデルを用いたRC部材の保有耐荷力解析
石川靖晃(名城大学)
15:00〜15:30 JCMAC3-Uによる各種化学膨張初期応力の解析
上田尚史(関西大学)
15:30〜15:45 <休憩>
15:45〜16:20 JCMAC3-Uによる若材齢時から乾燥を受けたRC部材の保有耐荷力解析
伊藤睦(中部大学)
16:20〜17:10 JCMAC1・2の機能・特徴、使い方解析事例
中村秀明(山口大学)
17:10〜17:25 JCMAC3-UとJCMAC1・2についての質疑応答
17:25〜17:30 閉会挨拶
森本博昭(岐阜大学名誉教授)
(内容および時間は、都合により変更することがありますので、あらかじめご了承ください。)
4. 参加費: 会員・学生会員・会員外共に1000円(消費税込み)
5. 申込方法:
1) 参加費を郵便局備付けの払込取扱票にて下記口座へ払い込みください(払込手数料は申込者にてご負担願います)。
振替口座番号:00120-5-99133
(加入者名:公益社団法人日本コンクリート工学会)
*通信欄に講習会名・参加者氏名を必ず明記してください。
*納入された参加費は、定員に達しお断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。
2) 参加申込書に必要事項を記入のうえ、前記1)で郵便局から発行される払込受領証のコピーを貼付し、送付先を明記した82円切手貼付の返信用封筒を同封し、下記申込先へ郵送してください。折り返し同封の返信用封筒により参加証をお送りします。
6. 申込締切: 定員(100名)になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
7. 申込先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会
「マスコンソフト講習会」係(担当:加藤)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:kato@jci-net.or.jp

ページの先頭へ