「マスコンクリートの
ひび割れ制御指針2016」に
関する講習会
—参加募集—

開催日: 東京会場 2016年11月4日(金)
広島会場 11月16日(水)
仙台会場 11月29日(火)
福岡会場 12月6日(火)、
大阪会場 12月14日(水)
主催: 公益社団法人 日本コンクリート工学会
後援:
(予定)
土木学会、日本建築学会、セメント協会、日本建設業連合会、建設コンサルタンツ協会、プレストレストコンクリート工学会、コンクリート用化学混和剤協会、全国生コンクリート工業組合連合会

日本コンクリート工学会では、2008年11月に「マスコンクリートのひび割れ制御指針2008」を刊行し、全国5会場で講習会を開催いたしました。その後、指針を海外に普及させることを目的として、2011年7月に「Guidelines for Control of Cracking of Mass Concrete 2008」(和英版)を刊行するとともに、英文版の制御指針を用いて、ベトナムでセミナー(2011年9月).アメリカでACI207委員会—JCI国際ジョイントセミナー(2011年10月)、フランスでRILEM-JCI国際ワークショップ(2012年3月)を開催し、海外への指針の普及活動を行いました。その後、新しい情報や技術を取り入れるべく2012年4月から、「マスコンクリートのひび割れ制御指針改訂調査委員会」を立ち上げ、コンクリートの若材齢物性の設計用値の適用範囲の拡張と精度向上、温度ひび割れ指数の簡易評価式の精度向上、エトリンガイトの遅延生成(Delayed Ettringlte Formation:DEF)の現状把握と指針での規定の可能性、等を目的として調査研究活動を行い、その成果の報告会を2014年6月に行いました。その調査研究の成果を受けて2014年4月より、マスコンクリートのひび割れ制御指針改訂委員会(委員長:佐藤良一・広島大学名誉教授)を立ち上げ、上述のひび割れ制御指針2008の改訂を行い、このたび、「マスコンクリートのひび割れ制御指針2016」を刊行する運びとなりました。
ひび割れ制御指針2016の改訂のポイントは、(1)コンクリートの若材齢物性の設計用値の適用範囲の拡張と精度向上(断熱温度上昇式の適用範囲拡張、圧縮強度評価式の係数の見直し、中庸熱ポルトランドセメントの自己収縮ひずみ評価式の係数の見直し、中庸熟、低熱、早強ポルトランドセメントに膨張材を用いた場合の膨張ひずみ評価式の係数の見直し、(2)温度ひび割れ指数簡易評価式の見直し、(3)温度ひび割れ幅評価式の見直し、(4)最高温度簡易評価式の提案、(5)DEFによるひび割れの防止に関する条項の規定、(6)見直しした評価式や新しく規定したDEFに関わる根拠を示す参考資料の掲載、(7)海外での制御指針の使用を考慮した物性の評価、施工・管理などの技術資料の充象、等です。
つきましては、ひび割れ制御指針の改訂内容について、ご理解いただき、マスコンクリート構造物の一層の品質向上を図るため、また、海外でマスコンクリート工事に従事される技術者の皆様の業務に役立てていただくために、下記要領で講習会を開催いたします。関係者お誘いのうえ、ふるってご参加くださいますようお願いいたします。


1. 実施期日及び開催場所: *開催時間は各会場とも、10:00〜16:50です。
東京会場 2016年11月4日(金)
東京大学 生産技術研究所 コンベンションホール
(井の頭線駒場東大前駅下車)
広島会場 2016年11月16日(水)
広島工業大学 広島校舎501号室
(バス平和記念公園前下車)
仙台会場 2016年11月29日(火)
仙台国際センター 会議室「白橿1」
(市営地下鉄国際センター駅下車)
福岡会場 2016年12月6日(火)
福岡県自治会館 大会議室
(地下鉄千代県庁口下車)
大阪会場 2016年12月14日(水)
大阪科学技術センター 401号室
(地下鉄御堂筋線本町下車)
2. 内容(プログラム案): (1)開会挨拶
(2)全体概要
(3)ひび割れ制御の基本
(4)DEFひび割れとその防止
(5)物性の設計用値
(6)照査(温度ひび割れ幅、DEFひび割れ)
(7)施工・管理
(8)検査
(9)閉会挨拶
(プログラム内容は都合により若干の変更がある場合がありますので、あらかじめご了承ください。)
3. 参加費: 消費税込み、配布資料含む。
正会員(個人) 12,000円
団体会員※1・ 後援団体※2・3・4 14,000円
会員外 16,000円
学生会員※5 6,000円
学生会員外※5 8,000円
※1 本学会団体会員の役員・職員
※2 後援団体の個人会員および役員・職員
※3 セメント協会加盟会社の役員・社員および同協会の役員・職員
※4 全国生コンクリート工業組合連合会、各地生コンクリート工業組合およびその組合員会社の役員・職員
※5 学生の方は学生証のコピーを申込み時に必ず同封してください。
4. 申込方法:
1) 参加費を郵便局備付けの払込取扱票にて下記口座へ払い込みください(払込手数料は申込者にてご負担願います)。
振替口座番号:00120-5-99133(加入者名:公益社団法人日本コンクリート工学会)
* 通信欄に報告会名・参加者氏名を必ず明記してください。
* 納入された参加費は定員に達し、お断りした時以外はお返しいたしませんので、あらかじめご了承ください。
2) 参加申込書に必要事項を記入のうえ、前記1)で郵便局から発行される払込受領証のコピーを貼付し、送付先を明記した82円切手貼付の返信用封筒を同封し、下記申込先へ郵送してください。折り返し同封の返信用封筒により参加証をお送りします。
5. 申込締切: 定員(東京250名、広島180名、仙台120名、福岡150名、大阪130名)になり次第、締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
6. 申込先: 〒102-0083 東京都千代田区麹町1-7 相互半蔵門ビル12F
公益社団法人 日本コンクリート工学会 「制御指針改訂委員会講習会」係(担当:大野)
TEL:03-3263-7204/FAX:03-3263-2115
E-mail:ohno@jci-net.or.jp

ページの先頭へ